伊集院光「家電量販店での価格にまつわる不思議」

2012.09.05 (Wed)
2012年09月04日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、家電量販店での価格にまつわる不思議について語っていた。

伊集院光「自分の番組の作成に使う、あると便利だなっていうビデオカメラがあって。業務用のカメラで撮ってもらうけど、使うか使わないか分からないけど、あったら良いかなっていうビデオカメラがあって。予算がないのは重々承知だから、使うか使わないか分からないのに、『借りてほしい』って言うのもどうかなってくらいの必要度なんですよ」

「手ブレ防止機能がついているハンディカムが欲しくて、しかも、今回発売になったソニーのハンディカムの手ブレ防止機能が相当すごいって話を聞きまして、そのハンディカムが欲しいわけですよ。それで、欲しいんだけど、この夏、ほんとに『お金遣っちゃったな』って意識が強くて。車の買い替えもあったし、絵を買っちゃったりしてるから。もう、これ以上の無駄遣いはヤバイんじゃないかなって思ったり。でも、無駄じゃないって思ったり」

「自分の撮りたいビデオ映像に必要なものを躊躇するほうがカッコ悪いんじゃないかなって。色んなせめぎ合いがあるんです。『伊集院、金持ちですこと。ハンディカムをそんな感じで買うんですか』って言われるかもしれないし。それと、『若手と飲んで傷を舐め合ったりするのに、なんだかんだで連れていくと万単位かかるのは払うくせに、撮影機材を出し惜しみするのか』って。この悪口言ってるの、ビックリすることに俺ですけどね。俺の中にいる被害妄想が創りだしたものですよ(笑)」

「買うってことについて悪口を言ってるのが透明の黄色っぽい俺です。買わないことに対して悪口言ってるのが水色のヤツで、名前はついてません(笑)それが俺を罵る中で。どうしようかな、買おうか買うまいかって思ってて」

「ソニーの新製品…10万円超えたりするのかな…それはキツイなぁって思いながら価格.comみてたら、7万円くらいって書いてあるの。ただ、価格.comは分からないからね。実際は品切れなのに書いてあることもあるから。もろもろある。取り寄せて、いつになるのか分からないけどその値段ってこともあるから」

「じゃあ、ちょっと家電量販店に寄って値段を見てみようか、と。価格.comまではいかなくても、ポイントを引いてそれに近ければいいかぁって思いながら、迷いながら、その家電量販店のハンディカム売り場に行ったわけです。9万9千800円の、ポイント10%ってなってて。高いなぁって思って」

「しかも、そういうことってあるの?って思うことなんだけど、宙ぶらりんの俺の感じ。買うべきか、買うまいかって感じのところに、値段としての後押しはないんです。9万9千800円の10%。黄色と赤の札で、〇〇特価って書いてあるんです。1軒目は、9万9千800円で値段はきつかったんだけど、『ウチの店は在庫があって、持って帰れます』って強調して書いてあったから、『売れてるんだ。売れてるんなら買っちゃおっかな』って思って。残り1個ってノリと、9万9千800円ってビビリ。この押し合いの中で、俺の欲しい手ブレ防止機能のついてる、今、CMでやってるシリーズは2つあって」

「ハンディカムの本体にプロジェクターがついているっていう、ソニーはそれを推してるんだけどね。それで付いてるのと付いてないバージョンがあるんだけど、僕は自分の使わない機能が付いている機械が大嫌いなんです。だから、プロジェクターがついているのは俺の中で全然必要ないのに、変な現象が起きてて、このハンディカムのシリーズすごい売れてるらしくて、付いてないやつが9万9千800円で、他の機能は同じでプロジェクターがついてる方が、9万5千800円なの。それで最初の店では頭が痛くなっちゃって(笑)どうしていいか分かんなくなっちゃって買ってないの」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力