伊集院光が語る「安堂ロイドが失敗した2つの理由」

2013.12.17 (Tue)
2013年12月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、伊集院光がTBS系ドラマ『安堂ロイド A.I. knows LOVE?』が失敗した理由について語っていた。

安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~
安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~オリジナル・サウンドトラック

1) 視聴者のドラマに対するハードルが上がってしまっていた

伊集院光「安堂ロイドで思ったのがね、ハードルの問題ってスゴイあるなって思って。安堂ロイドが、たとえば俺の知らないウルトラマンシリーズの1クールや1話だったら、『こんなのもあるんだ』ってことで、『スゲェのあるな』って思うと思うんだ」

「アニメも疎いから、『こういうアニメありますよ』って見せられたら、それなりに『なるほどね』って感じると思うんだ。"5Dプリンター"って言われても、そんなには笑わないと思うし、そこそこ観れちゃうと思うんだ」

「でも、ドラマでああいう割と『絶対おもしろいです』って枠に出てこられちゃうと、ハードル高くなっちゃうんだよね」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光「『安堂ロイド』みたいなクソドラマを投げ出さない木村拓哉はエライ」

2013.11.12 (Tue)
2013年11月11日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、TBSドラマ『安堂ロイド』について語っていた。

Zoff(ゾフ) TBS日曜劇場「安堂ロイド」コラボダテメガネ
Zoff(ゾフ) TBS日曜劇場「安堂ロイド」コラボダテメガネ(ZA31070_B-1)

伊集院光「リスナーの皆さんとのお約束でもあり、自分に課した"行"でもありますので、安堂ロイドを欠かさず観てるんですけども(笑)回を重ねる毎に、木村拓哉や柴咲コウさん、エライなって思って(笑)」

「多分、俺だったら投げ出している。俺だったら、明らかに『お前、軽くやる気ないよな』みたいな演技になってると思うんですよ。ずっと青っぱな垂らしてるとかやってると思うんだけど、ああいう売れっ子の人の、座長として起用されて請け負った責任というか」

「ちゃんと演技してるよね。ずっと出来ないドラえもんのモノマネとか、『ちょっ、待てよ』みたいな、むしろキムタク言わないだろってことをずっと言い続けることで、俺なら反抗していくくらいのクオリティだけど」

「安堂ロイドが好きなんじゃないの。俺に課された行だからやるけど。キムタクのことをちょっと好きになってる俺がいる」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光「『安堂ロイド』があったからヒットできた『半沢直樹』の可能性」

2013.10.15 (Tue)
2013年10月14日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、同じTBS日曜ドラマ枠の『安堂ロイド』と『半沢直樹』について語られていた。

オレたちバブル入行組
オレたちバブル入行組 (文春文庫)

伊集院光「『安堂ロイド』に関して思ったのは…いつから『安堂ロイド』の企画が立ち上がってキャスティングが決まったのかは分からないんだけどね。あくまでも俺の憶測だけど…」

「次のドラマで、木村拓哉と柴咲コウをキャスティングできた、と。そうすると、ある意味、安牌がとれたというか、これはもうある程度の数字が絶対にとれる、ヒットが約束されてるってことになると、1クール前に、少し冒険ができる気がするんですよ」

「1個後に、絶対的な安牌をツモってると、『半沢直樹』で冒険できたんじゃないか、と。『半沢直樹』は、あんまり女性受けしない、銀行の中でのサラリーマン戦士たちの頑張りであったり、男臭いモノを誇張したら当たった、みたいな評判を聞くと、そういうこと(冒険的なドラマにチャレンジできたら当たったということ)なのかなって思うんですよ」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力