博多大吉、『ポケモンGO』ブームの中で『妖怪ウォッチ』人気の陰りを実感「誰もさすらい荘に来ない」

2016.07.28 (Thu)
2016年7月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、『ポケモンGO』ブームの中で、『妖怪ウォッチ』人気に陰りが見えていると実感したことについて語っていた。

妖怪ウォッチ3


博多大吉:『ポケモンGO』はやってますか?

赤江珠緒:やってないです。

博多大吉:ホント、一言言おうと思って、今日は来たんです。

赤江珠緒:ふふ(笑)何ですか?やってるんですか?先生は。

博多大吉:やるわけないでしょ、私が。私は『妖怪ウォッチ』ですよ。

赤江珠緒:ああ、『妖怪ウォッチ』ですか。

博多大吉:「『妖怪ウォッチ』、流行ってたよね?」と思って。みんな、『ポケモンGO』しよるけど。

赤江珠緒:はい、はい。

博多大吉:誰もしよらんちゃないかなって、『妖怪ウォッチ』を今。

赤江珠緒:ああ、そうですか。

博多大吉:すれ違い機能ってあるんですよ。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:色んなね、『妖怪ウォッチ』を持って、電源入れてる人とすれ違うと、お互いの妖怪が「さすらい荘」ってアパートにやってくるっていうね、そういう仕組があるんですよ。

赤江珠緒:ほう、ほう。

博多大吉:それで、発売されて、本格的にやりだして、一週間くらいかな。

赤江珠緒:うん。

博多大吉:結構、さすらってるんですけど、誰もさすらい荘に来ないっていうか。

赤江珠緒:ふふ(笑)ああ、見事にね、今、離れてるんだね。

博多大吉:街中、みんなそうじゃない?もう、明らかに『ポケモンGO』ばっかりして、歩きスマホしてるから。

赤江珠緒:そうですか。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

博多大吉、『妖怪ウォッチ』への熱烈なラブコールでついに映画へ出演「今、山本耕史さんの気持ちが分かる」

2015.10.31 (Sat)
2015年10月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、アニメやゲームの『妖怪ウォッチ』に熱烈なラブコールをしていた後、ついに『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』の声優に抜擢されたことについて語っていた。

わたしと野菜のおいしい関係
わたしと野菜のおいしい関係―知って、作って、食べて (趣味Do楽)YOU

NHK出版 2014-05-24

Amazonで詳しく見る


楽天市場で詳しく見る


博多大吉:『妖怪ウォッチ』で私、映画のゲスト声優を務めることになりまして。

赤江珠緒:凄いですね。やっぱり、ラブを伝えるべきですね、公に。どうかと思っていましたけれども(笑)

博多大吉:今、山本耕史さんの気持ちがちょっと分かるというかね。堀北真希さんに、40通の手紙を送った。

赤江珠緒:やっぱり、好意というのは示したほうが良いと。

博多大吉:そうですね。よく、この番組で『妖怪ウォッチ』の話ばかりしていたら、本当にね(笑)

赤江珠緒:声優さん?

博多大吉:声優さんですね。

赤江珠緒:『妖怪ウォッチ』の映画に?

博多大吉:『妖怪ウォッチ』の映画版に出てくる、「映画用の妖怪」と言ったら失礼ですけど、そういう新キャラクターがいるんですよ。

赤江珠緒:はい。

博多大吉:「それの声をやらないか?」というお話を、大分前にいただいていて。凄い言いたかったんですよ。

赤江珠緒:うんうん。

博多大吉:「私、『妖怪ウォッチ』の中にいよいよ入りますよ」みたいな。でも、こういうのは、言ってはいけない情報解禁というのがあったんで。ずっと黙ってて。

赤江珠緒:だから、最近ウズウズ(笑)

博多大吉:うん、ちょっとね。よく見れば、僕、口角が上がっぱなしだったと思うんですけど。

赤江珠緒:それは気が付きませんでした(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

加藤浩次、『妖怪ウォッチ』をヒットさせたレベルファイブに感服「漫画・アニメ化を視野にゲームを展開」

2015.01.13 (Tue)
2015年1月11日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26:00 - 28:45)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、『妖怪ウォッチ』を手がけた株式会社レベルファイブが、漫画化・アニメ化などのメディアミックスを行っていくその絶妙な手法について語っていた。

妖怪ウォッチ 第1巻(第1話 第5話) [レンタル落ち]

加藤浩次:『妖怪ウォッチ』のゲームって、妖怪集めるのにそんな時間掛かるの?

徳井健太:掛かるんですよ。虫眼鏡で探して、やっつけて、何分の一かの確率で仲間にできるっていう感じですから。

有野晋哉:面倒くさいゲームですよ、アレ(笑)

加藤浩次:はっはっはっ(笑)

有野晋哉:ずーっとウロチョロせなアカンから。

加藤浩次:凄いよ、『レベルファイブ』って会社は。

徳井健太:あの会社、ヤバイですよね。レイトン教授もそうでしょ?

有野晋哉:レイトンもですね。ドラクエくらいから注目されたのかな。

加藤浩次:『妖怪ウォッチ』って、レベルファイブからの発想なんだよね。だから、漫画家が『妖怪ウォッチ』を描いて、それがアニメ化されてそれをゲーム化しましょうよ、じゃなくて。

有野晋哉:うん。

加藤浩次:『レベルファイブ』自体が、もう『妖怪ウォッチ』っていうゲームを考えてて。それで、漫画化してゲーム出して、アニメ化してるんだよね。

徳井健太:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!

伊集院光、プロデューサーが他番組の『妖怪ウォッチ』リスナープレゼントに応募を躊躇して「どんだけ清いんだよ」

2014.12.09 (Tue)
2014年12月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、同番組の宮嵜守史プロデューサーが同局の番組『たまむすび』での『妖怪ウォッチ』プレゼントの応募に参加するかどうかを迷っていると明かしていた。

妖怪ウォッチ2 真打
妖怪ウォッチ2 真打 特典同梱 (激レア「Zメダル」ブチニャンメダル) 【Amazon.co.jp限定】ジバニャンひゃくれつ肉球! 飛び出るオリジナル3Dクリアファイル(B6)&キャラクターポストカードセット 付

小学館が番組スポンサーについているにも関わらず、そのコネを使うわけでもなく、さらにはリスナーに混じってプレゼントに応募することに、「身内が応募しちゃやっぱりダメだと思って」と、リスナーに遠慮しており、その様子に「どんだけ清いんだよ」と、宮嵜プロデューサーについて語っていた。

リスナーメール:『妖怪ウォッチ』で注目している妖怪はありますか?

伊集院光:これは、転売ヤーですね。『妖怪ウォッチ』を凄い掴んで、どっかのタイミングで、その妖怪に取り憑かれたまま、売るに売れない状態になるヤツがいるはずなんですよ(笑)

どっかで生産が間に合ってしまうのか、ブームが終わってしまうのか分からないですけど、そいつだけが妖怪だらけになって、地縛霊になるっていうね(笑)

『妖怪ウォッチ』も大変ですよね。それこそ、僕は宮嵜プロデューサーが威厳のあるところ全く見たことがないんですけど、「俺、こんな企画しようと思ってるんだ」って話をした時に、「他、どんな企画やってんの?」みたいな話をした時に、「『たまむすび』で、『妖怪ウォッチ』のプレゼントをするんです」って話になって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、『妖怪ウォッチ』ジバニャンを轢いてるような写真を撮ろうとして「カミさんに叱られた」

2014.09.23 (Tue)
2014年9月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、東京ゲームショウ2014で「日本ゲーム大賞」授賞式の司会を担当するため、千葉・幕張メッセに訪れたときのことを語っていた。

妖怪ウォッチ


妻に送ってきてもらったという関係者駐車場で、ジバニャンの着ぐるみをきた人がいたのだという。そこで、ジバニャンがクルマに轢かれて地縛霊になったのだということを思い出し、妻にクルマで戻ってきてもらい、まるで妻が運転するクルマでジバニャンを轢いているような写真を撮りたい、と思いついた。

ところが、妻が戻ってくる前にジバニャンが移動し、その写真を撮ることは叶わなかった。妻に、「なんで戻ってくるように言ったの?」と訊かれた伊集院は事情を説明した。

すると、伊集院は「こんなところで急いだら、普通に人を轢いちゃうわ」と、妻に叱られてしまった、と語っていた。

前の記事からの続き:伊集院光、東京ゲームショウの今と昔の変化「ゲーム会社の統廃合・ネットで新情報が流される現在」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

TMR西川貴教、『妖怪ウォッチ』のおみくじ神社をプレイしていると告白「大吉メダルが出ぇへんのよ」

2014.09.18 (Thu)
2014年9月17日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週水 22:00 - 23:30)にて、T.M.Revolutionの西川貴教が、『妖怪ウォッチ』のアニメが好きで、アーケードゲーム・妖怪おみくじ神社をプレイしていると告白していた。

妖怪ウォッチ


『妖怪ウォッチ』が人気で、子供たちにプレゼントするため、両親や親戚が大変な苦労を強いられるという話題になっていた。だが、当の西川は、自分が『妖怪ウォッチ』ファンであり、(妖怪おみくじ神社)の「大吉メダルが出ぇへんのよ」と語っていた。

甥っ子たちと一緒に渋々プレイしているのかと思いきや、「残念ながら、そういうのばっかり好きでね…ちょうど『妖怪ウォッチ』好きっていうくらいの子が、甥っ子にいないのよ」と、自ら進んでプレイしていることを語っていた。


前の記事からの続き:ケンドーコバヤシ、『妖怪ウォッチ』ブームで傷ついた老人の話「おじいちゃんの顔、もう見たくない!」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

ケンドーコバヤシ、『妖怪ウォッチ』ブームで傷ついた老人の話「おじいちゃんの顔、もう見たくない!」

2014.09.18 (Thu)
2014年9月17日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週水 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、小学生を中心にアニメ・ゲーム・漫画などで大人気となっている『妖怪ウォッチ』ブームのまっただ中で、傷ついてしまったという老人のエピソードを紹介していた。

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式
妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式

老人が散歩している時、時計屋で『ゲゲゲの鬼太郎』のキャラクターの絵が描かれた時計を見つけたという。すると、その老人は「そういえば、孫が妖怪の時計を欲しがっていたな」と思い出し、その時計を購入。

喜ぶ孫の顔を思い浮かべつつ、「妖怪の時計、買ってきたぞ」と渡したところ、孫は当然のことながら喜ぶはずもなく、「なんだ、コレ?もう、おじいちゃんの顔なんか見たくない!」と、嫌われてしまったそうだ。

良かれ、と思ってしたことで大失敗をしてしまった老人の悲哀を感じさせるエピソードであり、大ブームの陰で、落ち込んでしまった人もいるようだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!

博多大吉、『妖怪ウォッチ』はブーム長続きのために生産を抑制していると分析「『たまごっち』の反省」

2014.08.31 (Sun)
2014年8月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、お笑いコンビ・博多華丸・大吉の博多大吉が、『妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式』を始めとする時計・メダルの品薄状態が続いていることについて言及していた。

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式
妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチ タイプ零式

現在も『妖怪ウォッチ2 元祖』に夢中であるという大吉は、時計・メダルを探しているという。福岡県飯塚市の町にロケへ行った際も、「私は芸能人の博多大吉でございます」とオーラを出しつつ訊いてみたものの、「こればっかりはしょうがない。1個入荷されて、すぐに売れて。それで次を注文したけど、もう入ってこない」と言われてしまったという。

大吉は、『たまごっち』の時に、ブームが比較的すぐに去ってしまったのは、大量生産しすぎたためではないか、という反省があるのだろう、と分析していた。そのため、「誰でも持てるようになると、ブームは去るんだな」とメーカーは考え、生産を抑えている状態なのではないか、と語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび

伊集院光、『妖怪ウォッチ』のグッズ転売に「子供がいたら高値でも買ってしまう」

2014.08.05 (Tue)
2014年8月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『妖怪ウォッチ』のグッズ転売で急騰するその値段でも「子供のために買ってしまいそう」と語っていた。

妖怪ウォッチ


現在、大ブームとなっている『妖怪ウォッチ』で、そのグッズは販売されれば即完売の状況で、グッズを買うために親子たちが長蛇の列をなしている。そんな中、グッズを転売している人々もおり、その問題点が指摘されている。

「転売けしからんって言うじゃん。チェックしてみると、3,000円程度の『妖怪ウォッチ』が、オークションサイトなんかで即決1万5,000円くらいで売られてるわけ。『けしからん』って思うじゃん。だけど、俺、買うと思うよ」と伊集院は語り、その理由として「だって日頃、ろくなことしないから。それが1万5,000円くらいでなんとかなるんだったら、なんとかしちゃえって思うもん」と、子供に日頃、あまり良いことをしてやれていない報いとして、高額ながら購入してしまう可能性がある、と語っていた。

だが、同番組の宮嵜プロデューサーは、子供にボール紙で『妖怪ウォッチ』風のものを作ってあげた(参照:伊集院光、『妖怪ウォッチ』ブーム中でグッズ入手にコネ使わない宮嵜Pに感心「子供のためボール紙で作る」)ということで、「ボール紙を付けてるヤツの方が、悔しいけど良い子に育つ気がするんだよなぁ」と、高値で買ってあげる子供よりも、良い子に育つのではないか、と語っていた。

長時間並んで入手する親や、ネットオークションなどで高値で落札する親、ボール紙で作ってあげる親…『妖怪ウォッチ』のグッズを巡り、多くの家庭での教育方針、悲喜こもごもがそこには垣間見えるようだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、『妖怪ウォッチ』ブーム中でグッズ入手にコネ使わない宮嵜Pに感心「子供のためボール紙で作る」

2014.08.05 (Tue)
2014年8月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『妖怪ウォッチ』ブームで、なかなかグッズを入手できないという中、同番組の宮嵜守史プロデューサーが、コネクションを使ってまで子供のためにグッズを入手しようとしていないことに感心していた。

妖怪ウォッチ


『妖怪ウォッチ』は、コミカライズ版が『月刊コロコロコミック』に連載されており、出版社は小学館となっている。また、TBSラジオの深夜ラジオ番組『JUNK』のスポンサーも小学館であり、プロデューサーである宮嵜氏は、小学館の社員と実際に会う機会もあるという。

だが、宮嵜氏はそのコネクションを使用したりせず、「グッズを譲って欲しい」といったことは言わないのだという。現に、子供に対しては、グッズを買い与えることができないため、ボール紙でお手製の"妖怪ウォッチ"を作ってあげたそうだ。

「お父さんは、メインの、一番でかいスポンサーが小学館の番組のトップのプロデューサーで。小学館と言えば、『妖怪ウォッチ』なんだよ。そのお父さんが、ボール紙で作ってるんだから。なんだか分からないけど、心が洗われる」と伊集院は語り、宮嵜プロデューサーの子供への対応について感心していた。

前の記事からの続き:伊集院光、『妖怪ウォッチ』のグッズ販売の行列に親が並ぶことに「そんなに親って協力的だった?」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力