伊集院光、番組共演者の『本当に話したかったこと』に驚愕「まともな人かと思っていたのに…」

2014.05.13 (Tue)
2014年05月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、番組収録中、途中退席をせざるを得なかった共演者の「本当に話をしたかったこと」を聞いて驚愕した、と語っていた。

テレビ朝日系の番組『言いにくいことをハッキリ言うTV』(毎週月 24:15 - 24:45)の収録に参加したという伊集院は、トンデモな新説をプレゼンする役で登場したエハン・デラヴィの話を聞いていたという。その話しぶりから、他の共演者とくらべて「割とまとも」と思っていたが、そのエハン・デラヴィが退席するにあたり、「本当に話したかったこと」を聞いて驚いてしまった、と語っていた。

伊集院光選曲 おバ歌謡
伊集院光選曲 おバ歌謡

伊集院光:この番組が始まる直前ぐらいに東京ではオンエアされてたと思うんだけど、『言いにくいことをハッキリ言うTV』(毎週月 24:15 - 24:45)っていう爆笑問題の司会やってる番組があって。

ちょうど今日のオンエア分をこの間、収録したんだけど。要は、「テレビで言いにくい真実?を言う回」みたいなもので。要は、斬新なっていうか、ぶっ飛んだ都市伝説みたいなものを言う人が3人出てきて。

爆笑問題の太田(光)さんと、俺と、そういうことへ科学的な検証をする人…「そんなのあるわけないだろ」みたいなツッコミを入れる人がいて。1人は、唐沢俊一さんっていう、唐沢兄弟の1人で、この人はトンデモ本とかの権威の人だから、むしろこういうトンデモない新説の遊び方を知ってる人なわけですよ。

知ってるし、レパートリーも凄いいっぱいあって。酸いも甘いも噛み分けてる人だから、こっちがトンデモない説を出す側にいるってことは、「やってくるよね」っていうのが分かるわけですよ。「こっちに、相当なものをぶつけてるよね」っていうのが、まぁ分かりますよね。

もう1人は、何回かテレビ番組で会ったことありますけど、ぶっ飛んでる(笑)…『ムー』の人(飛鳥昭雄)で、まぁぶっ飛んでる人ですよ(笑)アレな感じの人だから、この人はトンデモないことを言ってくるって、始まる前から分かってるわけですよ。

あとは、初めて見た外国の人(エハン・デラヴィ)がいて。この人、どんな感じか分からないなって思いつつ、参加してるんだけど、どっちにしろトンデモない説が来たら、こっちはツッコまなきゃいけないし、やり返さなきゃいけない立場だし、ポジションだなってことは心がけて番組始まるわけ。

そしたら、外国の人(エハン・デラヴィ)が、「携帯電話やネットに上がる情報は、もうみんな大きな組織に管理されてます」と。みんなの細かい個人情報みたいなものは、実は筒抜けだと思った方が良い、みたいな説を出してくるわけ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力