ケンドーコバヤシが語る「天津・向の感動秘話」

2010.03.19 (Fri)
2010年03月18日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、ケンドーコバヤシが天津・向の意外な行動について語っていた。話の発端は、ケンドーコバヤシが「この番組では、『浅良くない話』ってコーナーをやっているんですけど、俺自身が、なかなか良い出来事に遭遇することができないってことで、やっているというところもあるんですよ」と語り出したことだった。

「本家の『深くてイイ話』に出ている人たちは、どういう風にしてそういうイイ話を拾ってくるんだろうかって思うんですよね。…そんな中、とうとう出会ってしまいました。深イイ話」

「後輩コンビである天津なんですけど、ある日、天津の向という男から電話がありまして、『ご飯食べに行きましょう』って誘いがあったんですよ。ネゴシックスの詐欺事件(ネゴシックス「女性に27万円をダマシとられる」)がどうなったのか、とか取り留めもない話をしていたんですよ。先週、そのことを放送で話していたんですけど、反響はゼロのようですね。オンエアの大半を削って話したんですけど」

「その中で、天津・向が『こんなことを、自分から言うのはちょっと躊躇われるんですけど…実は、僕ら天津は、コンビで一年の目標を決めるんですけど、今年の目標が、『コンビでレギュラー番組をとる』ってことだったんですよ。それで、春から、レギュラーが1本決まったんですよ』って話していたんです」

さらに、そこから以下のようにケンドーコバヤシは語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ