博多華丸・大吉、今いくよ・くるよに背中を押されてTHE MANZAI出場していた「芸歴21年目、まだ若いやんかいさ」

2015.06.07 (Sun)
2015年6月7日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の華丸が、胃癌で亡くなった今いくよについて、後押しをしてくれたお陰で、THE MANZAIに出場することができた、と語っていた。

めんたいぴりり
めんたいぴりり [DVD]

東野幸治:今いくよさんが5月28日に胃癌でお亡くなりになりまして。松本さんも、ツイッターの方で、「コンビとして思うのは、逝く方と残る方、どっちが辛いかな」という。

松本人志:僕ね、去年の夏に親父が亡くなって、お葬式で帰って。その流れで、急にNGKに行きたくなって。NGKに行ったんですよ。親父に結構、劇場に連れて行ってもらった、みたいな思い出があったからなのか、久しぶりに生で漫才を観ようと思って、NGK、に行ったんですよ。

東野幸治:はい。

松本人志:その時に、いくよ・くるよさん出てはって。その時は僕、くるよさんの方の体調を…

東野幸治:心臓の方を患ってまして。

松本人志:そう。いくよさんがそういう状態って分かってなくて、こういうことでしょ。

東野幸治:はい。

松本人志:今、考えたら、あれが最後の生の舞台やったんやって思って。あれがなかったら、何年も観てなくて終わってたんで。

東野幸治:はい。

松本人志:逆に言うと、観れて良かったなぁって。

東野幸治:くるよさんも、かなり落ち込んでいらっしゃるという話ですけどね。

松本人志:ええ。

東野幸治:コンビとして、先に逝った方が良いのか、残る方は辛いですよね。

松本人志:そう…ね。ボケかツッコミか、どっちが良いのかってこともあるね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー

岡村隆史、今いくよの訃報で故人を偲ぶ「本当に、吉本の宝やったと思います」

2015.06.05 (Fri)
2015年6月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、お笑いコンビ 今いくよ・くるよのいくよが胃癌で亡くなり、今いくよとの故人を偲んで、思い出話を語っていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

リスナーメール:オール阪神・巨人さんが、今いくよ師匠と坂田利夫師匠の幻の結婚話を披露した。オール阪神・巨人さんは、3日、NHKの『笑って語って90年 園芸の歴史』の収録に参加し、巨人さんが、「15年くらい前の話で、本当にあったんです」と語っていました。

オール阪神さんも、「『独身同士でどうや?』ということで、みんなでくっつけようとしたんです。もしその頃に踏ん切りがついていたら、結婚していたと思います」と話した。また、オール巨人さんは、「いくよ姉さんはどんと構えてはったけど、坂田師匠が照れてはった」とも証言。

先日、入院中の坂田師匠を見舞った際、いくよさんの訃報を聞いた坂田師匠は、一晩中泣いていたそうです。

岡村隆史:いくよ師匠がお亡くなりになられまして。本当に、いつお会いしても変わらず、「どやさ、どやさ」って。一回だけ、「どない?」って言われて、「え?」ってなったことがあって。お正月お会いした時に。

「どない?」って言われて(笑)「え?どやさじゃないんですか?」「ああ、どやさ、どやさ」って(笑)本当に、大阪の番組でも、いく・くる師匠のだけの回もやらせていただいて。「子リスちゃん」ってアダ名を付けていただいて。「子リスちゃん、どやさ、どやさ」って言うてくれてはったんですけどね。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

明石家さんま、今いくよの訃報に寄せて思い出を語る「会えば、物凄い褒めてくれはった。優しい姐さん」

2015.05.31 (Sun)
2015年5月30日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、28日に胃癌で亡くなった、漫才コンビ 今いくよ・くるよの今いくよとの思い出について語っていた。

昭和の名コンビ傑作選 4 今いくよ・くるよ/西川のりお・上方よしお: DVD付きマガジン よしもと栄光の80年代漫才 (小学館SJ・MOOK)

明石家さんま:今週、我々の仲間の人が、どんどん亡くなられてね。今井(雅之)君も、亡くなってしまって。若いのにね。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:今いくよ姐さんも亡くなってしまい。やっぱり病気でね。どちらも癌ということで。今いくよ・くるよ姐さんなんて、18歳から世話になってね。

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:最初、くるよ姐さんがね。俺が弟子の時に、ブラジャーの後ろの方がポコンって盛り上がってたんでね。俺は弟子ながら、失礼ながら…でも、「さんまちゃん、さんまちゃん」って可愛がってくれてたから。「すみません、姐さん。ブラの後ろが丸くなってますけど」って言ったら、「固結びやねん」って。

鞘師里保:ふふ(笑)

明石家さんま:「は?何が?」「固結びしてん」「何でですか?」「一昨日、切れてん」って。

飯窪春菜:一昨日?(笑)

明石家さんま:「え?一昨日?」「言わんとってな」「はい、分かりました」って(笑)「だから、舞台出てる時に横向いたらバレるから、正面向いて出ようと思ってんねん」っていう。それが最初の。

鞘師里保:ふふ(笑)衝撃(笑)

明石家さんま:女性に、ブラのことを言ったら失礼かなって思って。でも、舞台に今から出はるから、なんぼなんでも、ペーペーの俺でも、こんがらがったらアカンなって思って。

鞘師里保:はい(笑)

明石家さんま:「あ、ありがとうね」って会話で終わると思ったら、「切れてん」って。肩のヒモのところが切れるって、珍しいよね、ブラジャーで。

鞘師里保:ないですね(笑)

明石家さんま:凄い着てはったんかな。

飯窪春菜:一昨日も着てたんですもんね?(笑)

明石家さんま:頻繁に着てたんかな(笑)っていうのがあってね。いつもいつも、いくよ・くるよ姐さんと会うと、絶対に褒めてくれはるんです。どんな芸人さんとか、他の仲間には、会えば物凄い褒めてくれはるんです。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:褒めてくれはるというか、いくよ・くるよさん節。俺がコート着てて、ちょっと襟を立ててた時があったんです。その時に、「あらぁ、さんまちゃん。霧のロンドンブリッジやんかいさぁ」って。ワケの分からん(笑)

鞘師里保:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:ワケ分からんでしょ。

飯窪春菜:基準が分からない(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日