浜田雅功、『人生は上々だ』最終回は木村拓哉ら共演者に話を聞いて脚本家・遊川和彦に「そういうことなんで、書いて下さい」と伝えていたと告白

2019.03.19 (Tue)
2019年3月10日放送のTOKYO FM系列のラジオ番組『木村拓哉 FLOW』(毎週日 11:30 - 11:55)にて、お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功が、ドラマ『人生は上々だ』最終回は木村拓哉ら共演者に話を聞いて脚本家・遊川和彦に「そういうことなんで、書いて下さい」と伝えていたと告白していた。



浜田雅功:あなた、あれ覚えてます?ドラマの時。後半の時に、前室でみんなで「最終回ってどうしたらエエかな?どう思う?」とか言って。

木村拓哉:うん。

浜田雅功:「拓哉、どう思う?」「石田どう思う?」って。

木村拓哉:うん。

浜田雅功:で、埒あかへんから。俺と飯島が10番でナイトシーン撮ってて、その日、それで終わりやってん。

木村拓哉:はい。

浜田雅功:「お前、この後、何あんの?」「私、何もないです」と。「拓哉は?」って言ったら、「Mステ出てます」と。

木村拓哉:はい。「8時に始まって、9時には終わる」っていう。

浜田雅功:「木村さんは、9時に終わるます」と。で、「石田は何をしてんの?」って言ったら、「今日、オフです」って言うから、「探せ」って言うて。プライベート入ってたら無理ですって言うから、「分かった」って言うたら、あなたはMステ終わりで来て。で、飯島と俺、待ってて。

木村拓哉:うん。

浜田雅功:で、石田が来て。監督とAPの人間とか。あと、当時、本を書いてたのは遊川(和彦)やったから、遊川も呼んで。で、みんなで焼肉食って。

木村拓哉:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  木村拓哉のWhat’s UP SMAP / FLOW