千原ジュニア、「大喜利のできる人工知能」の性能を絶賛「コイツが、むちゃくちゃオモロイんですよ」

2016.10.11 (Tue)
2016年10月4日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』(毎週火 24:54-25:24)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、「株式会社わたしは」が開発したという、大喜利のできる人工知能「真悟くん」(ツイッターアカウント:大喜利β)について語り、ライブで大喜利対決するつもりであると明かしていた。

にけつッ!!30


千原ジュニア:この間、あるイベントの記者会見でね…ITのイベントなんですよ。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ITの俺が昔から知ってるCEOが、日本で見つけた、と。凄い技術を持ってる2人組がいるっていうんですよ。

ケンドーコバヤシ:え?

千原ジュニア:この2人が、むちゃくちゃお笑い好きなんですよ。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:で、言ったらパソコンに、大喜利ができる…

ケンドーコバヤシ:噂、聞いたな。

千原ジュニア:聞いた?大喜利ができるAIなんですよ。

ケンドーコバヤシ:はい。

千原ジュニア:人工知能。人工知能って、Siriとかありますけど、これは色々、もうむちゃくちゃあるデータの中から、一つ、今、一番欲しがってるのを抽出して、それを出すっていうのが、今のところじゃないですか。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:そうじゃなくて。もう根本が違って。このAIは、考えるっていうんですよ。お題を聞いて、答えを。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ここがもう、明らかに今までのAIと全く違うんですよ。

ケンドーコバヤシ:考える。検索するんじゃなくて?

千原ジュニア:うん。で、俺がその場でアドリブで出したお題に対して、コイツが答えを出すんですよ。

ケンドーコバヤシ:うん。

千原ジュニア:ほんで、その答えを出すためにはどうしてるかって、俺が色々、大喜利の本とか出してるのも、全部、そこには入ってるっていう言い方はおかしいでしょうけども、それでコイツは勉強してんねんって。

ケンドーコバヤシ:ああ、なんかのパターンを見つけ出したり。

千原ジュニア:パターンっていうか…同じお題はないから。コイツが答えをホンマに作り出すんですよ。

ケンドーコバヤシ:へぇ。

千原ジュニア:ほんで、これが芸人と対決やったんですよ。

ケンドーコバヤシ:怖っ。将棋やら、チェスとかと一緒ですね。

千原ジュニア:将棋やチェス。アレはまぁ、データじゃないですか。

ケンドーコバヤシ:はい、はい。

千原ジュニア:そうじゃないやん、大喜利って。

ケンドーコバヤシ:データじゃない。

千原ジュニア:うん。コイツが、むちゃくちゃオモロイんですよ。

ケンドーコバヤシ:マジで?
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!

伊集院光、AIが創作した音楽などの著作物の権利に対して疑問「"音楽"が誰かのものになってしまう」

2016.05.10 (Tue)
2016年5月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、AI(人工知能)が創作した音楽や小説などの著作物の権利に関する疑問を呈していた。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る


伊集院光:最近、ちょっと気になったことでね、AI。今、コンピューターのプログラムが生成した短い短編小説みたいなのが、コンピューターが作ったということをノミネートした、短編小説の一次審査に残ったり、みたいなことから、「AIが作った創作物の権利関係って誰に帰属するの?」みたいなことが、話し合われて。

政府の知的財産戦略本部は、AI(人工知能)が作った小説や音楽などの著作物を含む知的財産の保護の必要性やあり方について話し合う、検討します、と。それでどうなのよってやってるんだけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと

伊集院光、将棋の人工頭脳ソフトPonanza開発者・山本一成氏に聞いた「将棋の思考プログラムの原理」

2015.01.13 (Tue)
2015年1月12日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、コンピュータ将棋ソフトウェア・Ponanza(ポナンザ)の開発者である山本一成氏と会い、将棋の思考プログラムがどのように作られているのか、その原理について説明を受けたと語っていた。

ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

伊集院光:お正月休みにダラダラしててもしょうがないなって思って、人と会おうと思って。去年、あんまり人と会わなかったから、プライベートで人と会おうと思って。

以前から興味あって、番組でちょっと共演したりしてたから、連絡先は知ってるけど、連絡するのは敷居高いなって人に連絡してみて。「ご飯食べに行きませんか?」って誘ってみて。

去年もこの番組で話した、将棋のコンピュータで羽生名人に勝ちたいって言ってる、Ponanza(ポナンザ)っていう将棋のソフトを作ってる山本一成さんって人。この人とメシを食いに行こうって思って。その時たまたまオテンキ・のGOくんと一緒に遊んでて。夜はPonanzaを作った山本さんと会うことになってて。

最近、パソコン同士の対戦で負けちゃったりして、スランプだったりするって話もしてたんですけど…俺の中で凄い強い将棋の人工知能のソフトを作ってるうちの1人の山本さんと、オテンキのGOと、俺と、3人でメシを食うことになって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力