伊集院光、中村勘九郎出演の歌舞伎『女殺油地獄』に感動したと絶賛「面白いことは、面白いことだけで独立してない」

2016.04.19 (Tue)
2016年4月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、歌舞伎『女殺油地獄』を観に行き、感動したと語っていた。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る

伊集院光:歌舞伎。どれくらいぶりだろ。落語家時代に、「勉強になるから、見ておかなきゃいけない」ぐらいの感じで。

恐らく、月の給料が4万8千円くらいの時に、6千円くらい出して観に行った気がするんだよね。それで、「絶対に元とらなきゃ」ていう強迫観念で、なんか分かったような分からないような…だったのが、俺の歌舞伎の原体験で。

今回、朝の番組(『伊集院光とらじおと』)に中村勘九郎さんが来てくださって。何も知らないままっていうのもどうかと思うから、『女殺し油の地獄』を。明治座の4月花形歌舞伎っていう中の、『女殺油地獄』を観に行ったんだけど。

まぁ凄くてさ。この『女殺油地獄』自体はぼんやりしてたんだけど、見方変わっちゃったなって思うのは、元々、享保何年みたいな時に起きた、本当に起きた殺人事件で。油問屋の女将さんが、殺される事件なのね。

油問屋の女将さんが、凄惨な殺され方をされるっていう。子供の目の前で、抵抗して油の瓶に手をついたり倒したりしてるから、部屋中油まみれの中で惨殺されるっていう事件が起きて。それがいわゆるかわら版とかで配られ、それを近松門左衛門がある意味、ドキュメンタリーの作品にしたヤツを、さらに歌舞伎にした、みたいな話で。

なんかさ…ドキュメンタリーだって見方をあんまり考えたことがなくて。ドキュメンタリーだから、あんまり関係ないヤツも出てくるの。最初、油問屋の次男の放蕩息子みたいなのがいて。コイツはえらい不良で、調子に乗ってるヤツなの。ヘタレだし、バカだし。

コイツがテメェの入れあげてる、今で言うホステスみたいなヤツと一緒に、野崎参りっていう。今で言うと、「ベイブリッジまでドライブに行こうか」みたいなことを言うわけ。「今、流行ってるから、野崎参り。一緒に行こうぜ」って。

そしたら、「都合悪いから行かない」って言ってたのに、他の客と行ったっていうことが分かって。「田舎者の客と行った」っていうのを知って、「先回りして嫌がらせしてやろう」みたいなことが始まる。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力