明石家さんま、『世界の果てまでイッテQ!』の原型となる番組企画を明かす「元は間寛平の先っちょマン」

2015.02.08 (Sun)
2015年2月7日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、日本テレビ系の番組『世界の果てまでイッテQ!』の原型となる番組企画について語っていた。



明石家さんま:今週日曜日は「寛平の日」っていう、間寛平さんのイベントに、村上ショージと参加してきたんですけど。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:その舞台の内容っていうのが、間寛平さんが演じる「先っちょマン」っていう。皆さん、「何それ?」って感じだと思いますけども。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:先っちょマン、本人は凄い人気あると思ってはるんですけども。ウチの事務所の杉っていう、とっさんっていう男が、「先っちょマン、面白いですね」って皮肉込めて言ってるのを真に受けて。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:それで、先っちょマンばっかりするんですけどね。その中で、僕は奈良漬けマン、ショージは、みかんマンっていう。

村上ショージ:僕は、愛媛出身ですからね。

明石家さんま:俺は奈良出身なんで、奈良漬けマン。それで登場して、あとはおまかせっていう。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:おまかせなら、何もせんと、やりたいことやらせてくれたらエエやんか。奈良漬けマン、みかんマンの設定で、ご自由にっていう。

村上ショージ:その中で「これだけはやってくれ」っていうのもあって、そこまで行くまでの納得感もないし。パスを渡しても、それに応えてくれるわけでもなく。

鞘師里保:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日