伊集院光「声優・三ツ矢雄二にみるオネエ系タレントの掟」

2012.02.08 (Wed)
2012年02月06日放送の「伊集院光深夜の馬鹿力」にて、声優・三ツ矢雄二について語られていた。

伊集院光「三ツ矢雄二さん、最近よくテレビに出てるじゃないですか。タッチのタッちゃん、上杉達也の役。『僕、上杉達也は、3日以内にお前を殺します!3日以内、以内ですから2秒後の可能性もございます!』でお馴染みの(笑)『♪呼吸を止めて~』の意味が変わりますけど(笑)」

「三ツ矢雄二さん、いるじゃないですか。流行語狙いかな、『グレーゾーン』みたいなの、流行ってるじゃないですか。この間、『お願い!ランキングGOLD』が、三ツ矢雄二さんの秘密を暴露しちゃうぞスペシャル、みたいなのをやってて。数字がとれるらしいんです。もう第何弾かで、三ツ矢雄二が人となりを語ったりする回は、相当数字が良いらしいんです」

「三ツ矢雄二さんが来て、あと必ず南ちゃんの声優の日高のり子さんも必ず来るんですよね。たしか、二人で事務所(事務所・コンビネーション)をやってるか何かで。それこそ、今みたいに三ツ矢雄二さんがグレーゾーンだなんだっていう話が伝わる前は、『二人は付き合ってんじゃないか』って思ってたくらいなんだけどね。でも、そういうことだから、そうじゃないワケよ(笑)」

「異性間だけど、友情が成立している形での、しかも師弟関係みたいになってて。日高のり子さんは、スゴイ優しくて、メチャクチャ良い人。それで、ちょっと三ツ矢雄二さんがあまりにも脱線しすぎると、必ず日高のり子さんがフォローするっていう場面は、よく皆さん観てると思いますけどね」

「この間、オンエアになったばっかりの回では、三ツ矢雄二さんのグレーゾーン伝説みたいなのをやってたわけ。それで、途中で出てきたのが、いよいよ恋愛の話なんだ(笑)恋愛の話なんだけど、グレーゾーンで。オネエ系タレントの最大の分岐点というのは、自分のパートナーが同性かどうかって話をするかどうかだと思うんだよね。最終的には、濁されることが多いと思うんだよ」

「でも、それは女性タレントが男性と付き合ってるかどうかを言わないのと一緒だと思うんだけどね。男性タレントが、女性と付き合ってるかどうかを言わないのと一緒だと思うけど。でも、性的なニオイははぐらかす、みたいなのがおそらく今のトレンドだと思うんです。それをガンガン言ってたのが、昔のKABAちゃんで(笑)『男性ADのア○ルをいじりたい』くらいのことを言ってたんですけど、途中から綺麗に軌道修正したよね。ポシュレの夜の店長もしているし(笑)KABAちゃんも、いつのまにか女装をした上で『そこまではいかない』みたいになってるじゃないですか」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力