伊集院光が語る「牛レバ刺し販売禁止」

2012.07.04 (Wed)
2012年07月02日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、牛レバ刺し販売禁止について語られていた。

伊集院「レバ刺し、お店で出すのが禁止になったじゃないですか。どうですか、どうですか皆さんって話をしたいんですよ。これがね、緊急措置としてのレバ刺し禁止、みたいな法律を政治家の方々が作って、今現在、レバーの中に入っちゃう人を死に至らしめるような菌に関して対応策がないから、とりあえずこれを設けましたってスタンスだったら、『まぁまぁ俺の中ではしょうがないかな、人が死んじゃってるし』って思えるんだけどね」

「でも、『これで解決です』っていうことだったら、立法をしているヤツって馬鹿だよって思うんだよ。よくあると思うんだけど、駅前に自転車が多いから、"自転車禁止"みたいなルールを作るのあるでしょ?あと、テロが起こるからゴミ箱をなくしましょう、みたいなルールを作ることあるでしょ。実際に、横浜の市長だった中田さんと話をしたことあるんだけど、まず深夜徘徊禁止、みたいなのをやるのよ。深夜徘徊する人が多いから、深夜徘徊禁止、みたいな条例を作るのなら、俺でも考えつくっていうか」

「そんなの、なんとでもできるでしょ。『♪空を自由に飛びたいなぁ…グライダー』くらいの(笑)その感じでしょ?なんでもないやつ。それがいつも納得いかないんだよね」

「レバ刺し自体が、人が死んじゃうっていうことだから、国が何かしなくては、っていうのは分かんなくないんだけど。"(除菌の)技術を開発するまでの間、レバ刺しを禁止します"っていう条件をつけることがまず一個。なんかないの?牛のレバーを、厚いままだとダメなのかな…ユッケが大丈夫なのは、表面に基本は菌がつくことが多いから、表面さえ熱して滅菌してるなら食えるのか分からないんだけど、表面を熱して捨てれば食べられる、みたいなことになってるのかな」

「レバ刺しは、今だと中央まで熱して滅菌することができないからダメですよ、みたいなことだと思うんです。そうなら、薄く切った上で、ビームみたいなのを当てれば滅菌できる、みたいなメカを作れないの?我々の国の科学力で。『ついにできたよ、レバ刺しを作る奴が。助手君、スイッチをいれたまえ…うわぁあああああ!』『博士!博士!』『モゥ?モゥ?』『博士~~~~!』みたいなやつが(笑)アレ?(笑)俺の言いたかった奴が途中から全然違っちゃってるんだけどな。博士が、一旦食った草を反芻しながらまた新しい設計図を描いてるんだけど(笑)博士はまだまだヤル気があるんだけれども(笑)博士が、赤フン一丁のオヤジに特攻んでいった後に、また新たなものを描いてるんだけれども」

「そういうのと、さらにはまことしやかに、酒場の与太話とかでも、『お店の方からしたら、"これはすごい新鮮ですけど、焼きレバーですから、絶対に生では食べちゃダメですよ。…いったん、厨房の方に戻りますけど、ダメですからね"って言ってるにも関わらず、勝手に生で食べちゃったら、どうするの?』ってことを、酒場の親父ですら言ってたからね」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力