爆笑問題「太田光と田中裕二の微笑ましい、仲良すぎるエピソード」

2013.07.17 (Wed)
2013年07月16日放送の「爆笑問題カーボーイ」にて、爆笑問題の2人が仲良すぎるエピソードについて語っていた。コーチング マイク

田中「今日、三鷹の国立天文台っていうところで、NHKのロケに行って来ましたけど」

太田「はい」

田中「今日は涼しくて良かったね」

太田「曇ってたから」

田中「今日行ったところが、森とか緑がスゴイ多いところでね」

太田「あれ、夜行ったらいいんじゃないか?」

田中「そうですよ」

太田「今日は昼間行って、太陽見たな」

田中「太陽の黒点とか観測できたりするんですけど…」

太田「宮崎駿は、絶対に好きだと思うんだよね」

田中「宮崎駿さんの世界なんですよ。100年近く前に建てられた望遠鏡とか、ドームが残ってて」

太田「うん」

田中「緑があって、朽ちてきたような感じの」

太田「大正時代に建った天文台だよ?それをまだ手動でやってんだから」

田中「それに緑が覆いかぶさってるような感じだから、本当に宮崎駿の世界みたいな。たぬきも出るっていうから」

太田「ぽんぽこですよ」

田中「うん。そんなところに行ったから、また太田さんが始まったんですよ。虫、みみず探し」

太田「うん」

田中「もう、あのロケのときのお前の面倒臭さね」

太田「お前だよ、面倒臭いの」

田中「俺は面倒臭くないだろ?」

太田「お前が位置に着かないから」

田中「だって、お前が手の中に何か持ってるから」

太田「ダンゴムシ(笑)」

田中「デカイらしいんだよ」

太田「しかも元気で、丸まらないんだよ」

田中「手に持ってるから、そんなの近づけないじゃん」

太田「でっかいダンゴムシ」

田中「ね。それで今日のディレクターが、この番組を聴いてるリスナーらしくて」

太田「そうそう。それで喜んじゃって」

田中「『これだ、太田さんがよく言ってるヤツだ』って(笑)」

太田「うん(笑)」

田中「爆笑さんが話してるやつだって、思ったろうね、きっと」

太田「言ってたよ」

田中「でしょ?嬉しくなっちゃって」

太田「『カウボーイリスナーとしては、ずっと見てたいですけど、でも、カメラも回さなくてはいけないので。どっちにすればいいんでしょうか?』って」

田中「どっちじゃねぇよ!(笑)カメラ回せ、早く」

太田「『私が預かっておきます』って言ってたよ」

田中「それで撮って。なんか、ムカデもいて」

太田「死骸があって」

田中「それも手に持って。よく持てるよね?」

太田「死骸だもん、だって」

田中「汚いじゃん。持てないよ」

太田「汚くないよ」

田中「それを持ってるし。近づけないよ。それで、篠原ともえちゃんが一緒にいて」

太田「シノラー」

田中「シノラーも一緒になって。そしたら、俺がそういうの怖いの知らないらしくて、喜んじゃってね」

太田「うん」

田中「一緒になって、俺の首筋触ったりするの。もう最悪だよ」

太田「うん(笑)」

田中「その間も、案内してくれた先生がいるんだけど、説明を全く聞いてないのよ。お前の虫が怖くて怖くて」

太田「はっはっはっ(笑)」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ