伊集院光、プロ野球におけるビデオ判定による審議が増加していることに意見「何かにつけて試合が止まるの」

2016.05.10 (Tue)
2016年5月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、プロ野球の試合において、ビデオ判定による審議が増え、何かにつけて試合が止まってしまうと指摘していた。。

青春カタルシス
みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]
TCエンタテインメント 2011-11-03

Amazonで詳しく見る


伊集院光:今週思ったのは、プロ野球を観に行ったんですよ。しかも、日ハム戦じゃなくて、ジャイアンツとドラゴンズの試合を観に行ったのね。

そしたら、今年、ビデオ判定っていう面倒くせぇルールができて。あと、「コリジョンルール」っていう。「コリジョンルール」っていうのは、キャッチャーがホームをブロックしてる。「行かせねぇぞ」ってとうせんぼしてる。そこに、凄い勢いでランナーが来て、バーンってぶつかるのが危ないから、「キャッチャー、とうせんぼダメです」と。

「とうせんぼしたら、罰として、響きが似てるから、目にコチュジャンを凄い入れます。本場のコチュジャンを凄い塗りこみます」っていうルールが、コリジョンルールで(笑)…野球に詳しくないなら、反論しないでください。詳しい人は、もう放っておいてください(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、プロ野球・クライマックスシリーズの知らないルールに戸惑い

2014.10.14 (Tue)
2014年10月14日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、知らなかったというプロ野球・クライマックスシリーズ(CS)におけるルールについて語っていた。

岡田功のプロ野球「意外なルール」100
岡田功のプロ野球「意外なルール」100 (宝島SUGOI文庫)

伊集院光:野球のCS(クライマックスシリーズ)、知らないルールが多すぎる。野球に関しては相当詳しいつもりですよ、僕。詳しい方のつもりですけど、時間切れ引き分けだけど、次のステージの進出チームが決まっちゃったら、そこで打ち切り、みたいなのはいつから?

3試合あって、2勝した方が勝ちですよ、と。3試合が1勝1敗1引き分けになった時には、CSっていうのは、シーズン2位と3位のチームの戦いなんで、それは2位のチームの方が、勝ちってことになりますっていうのは、何年か前に知ったんですけど。

あったよね。ソフトバンクかなんかが、そのルールで、1勝1敗で迎えた第3戦、引き分けになるんですよ。イニング数が決まってますから。表の攻撃で、裏で相手チームがソフトバンクの攻撃です、と。その最終回の表の攻撃で同点ってことは、もうソフトバンクに負けはないから、優勝なんだけど。

12回の表、最後の回の3アウト目をとったところで、ソフトバンクの松中選手が超ハシャイじゃって。「優勝!胴上げだ!」って出てきたら、「胴上げじゃねぇよ、裏の回やれよ」みたいな。「裏、あるから」っていうのがあって。

千葉ロッテだったっけ。守ってる方のチームの人が、「これ守ってるのは何の意味があるんだろう」って思いながらやるっていう。これを受けて、今回の阪神 vs 広島で、同じようなケースで、最後の回の広島の攻撃が終わって、阪神の勝ちが決まりました、阪神がジャイアンツとのファイナルステージ進出が決まりました、っていう時点で終わりですっていう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光が語る「野球放映権について」

2010.11.03 (Wed)
2010年11月01日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、野球放映権について語られていた。話の発端は、今回のクライマックスシリーズの放映が、地上波でなされないといったことだった。

「日本シリーズなんだけど、色んなチャンネルや選択肢が増えてきたってこともあるから(テレビ中継されない)ことが野球人気の衰退と捉えるかは別問題として、これとサッカーワールドカップと視聴率を比べることが公平かどうかも別としてね」

「色んな選択肢がある中で、今回、地上波の放映がありません、という事態が起こるわけじゃないですか。でも、俺らの時代って、あまりに野球一色だから、むしろゴールデンタイムに日本シリーズはやってなかったからね。もう野球機構側の大名商売だから、『この寒い時期に、夜に野球をやるのはイヤだ』ってことで、昼間、デイゲームでやってたんですよ」

「ドラフト会議もテレビ中継は無いし。当時は、ラジオ関東が午前中に10時半とか11時とかにやっているドラフト会議を中継してたんですよ。中学生の頃、学校でラジオを聴いている猛者が『江川、クラウンに指名されたぜ』とかって教えてくれたわけですよ。『じゃあ、江川は行かないんじゃねぇの』とかって話になってたわけです」

「『俺はね、今プロ入りした方が江川は勝つんじゃねぇの?』とかって話をしてたり、『俺はね、最終的には江川はくりぃむしちゅ~の横に立って、ドラフトの日の放送に"お前が喋るべきことはいっぱいあるだろ"って思うことがいっぱいあるのに、何も振られない、ドラフトに関することは一切コメントしないで、ゲストにきた阪神の新井が一生懸命喋っている、みたいな、"お前、ドラフトの日にテレビに出て、何も無しなん?"しかも、その日テレの番組のテーマがドラフトの裏側なのに何も喋らないの?』みたいな感じになるんじゃないかって話したりね」

「それが今やテレビ中継されてますからね。結局、数字って問題になるのかね。それと、難しい話なんだけど、俺はこっちの世界で作ったり出したりしてもらっている方だから、ここで『数字がとれないから放送しないのはどうかと思う』とかって言うのは格好悪いんだよね」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力