安西ひろこ、パニック障害で芸能界から姿を消していた「部屋に閉じこもる日々」

2014.07.01 (Tue)
2014年7月1日放送の日本テレビ系の番組『解決!ナイナイアンサー2時間SP』にて、グラビアアイドル・安西ひろこが、芸能界からパニック障害で姿を消していた13年間の辛い日々について告白していた。

バルドーの告白
バルドーの告白

安西はグラビア写真撮影、バラエティ番組やドラマ出演などで多忙な日々を送っていた。深夜2~3時まで仕事をし、4~5時には仕事場へ向かっていたという。そんな過酷なスケジュールの中、心身は悲鳴をあげていた。

結婚まで考えていた恋人との別れがとどめを刺すように、2001年、ドラマ撮影中に安西は倒れた。病院に救急搬送された先でくだされた診断は、パニック障害であった。「このまま死んでしまうのではないか」という不安に苛まれ、人目や人の集団の中に身をおくと不安感・恐怖感が出現する「広場恐怖」の症状を発症し、安西は実家の一室に閉じこもるようになった。

当時、多忙な日々で食事もまともにとっておらず、体重は30 Kg台に低下していた。平衡感覚がおかしくなり、まともに歩くこともできず、床を這うようにして移動していたという。だが、病状は悪化し、次第に動くこともままならなくなってしまった。結果、部屋から出ることもできず、糞尿は床に垂れ流し状態になってしまった、と明かされた。同時期、幻聴で「死んじゃえばいい」などという声が聞こえたという。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  単発番組

明石家さんま、中川家・剛のパニック障害も笑いで救う「おぉ、パニックマン」

2014.03.11 (Tue)
2014年03月10日放送の毎日放送系の番組『痛快!明石家電視台』にて、お笑いコンビ・中川家の剛と礼二が出演していた。そこで、礼二が剛に向けて即興で"贈る言葉"を披露し、そこからパニック症候群で苦しんでいた剛を、笑いで救う明石家さんま(以下、さんま)について語っていた。

本人vol.11
本人vol.11

礼二:兄貴とは、ずっと兄弟で何年も一緒にいますが、まさか一緒に漫才をするとは思いませんでした。僕が高校を卒業してサラリーマンをやってる時に、君は僕を誘いましたね。

「一緒に漫才やろう」と。でも、僕は安定した職業が良かったので、「ちょっと僕は漫才やめておくわ」って言うた時に、「そんなの気にせんでエェ。心配せんでエェから、俺に黙ってついてこい」と言いましたね。蓋を開けたら、今はこんなんです。どこについていけば良いんでしょうか?

とりあえず、漫才やって色んな新人賞もいただきました。これから順調にいくかな、と思った矢先に、あなたはパニック症候群という病気になりまして。そして、仕事が無くなり、KBS京都のラジオ1本になりましたね。

その時も、あなたは密室がダメだということで、京都まで特急・急行に乗らず、各駅停車で1駅ずつ降りては、呼吸を整え、京都まで2時間かけてラジオに行ってましたね。

その間、僕は一人で漫談をやったり、色々仕事をさせていただきまして、あなたのお陰でちょっと成長できたかもしれません。これからも、漫才中に僕が笑いをとろうと必死になってる顔を見て、舞台中に笑うのはやめてください。お客さんが、「なんやコイツ」というような顔であなたをいつも見ています。

そして、これからも2人仲良く一緒にやっていきましょう。
以上、中川家・礼二より。

さんま:礼二が腕上げたっていうのは、お兄ちゃんのおかげなん?

礼二:そうですね。それは感謝したいと思います。1人でやってるので、色んなレパートリーが増えたっていうのはね。一人で繋がなアカンかったのも多かったので。

さんま:パニック症候群っていうね、病気やから、しょうがないよね。こればっかりはなぁ。

礼二:たしかに。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  痛快!明石家電視台