伊集院光、東京オリンピック開催にあたって起こった問題は「きちんと記録して」次に活かすべきと指摘

2016.10.20 (Thu)
2016年10月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、東京オリンピック開催にあたり、今回起こった問題は「きちんと記録して」次に活かすべきであると指摘していた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1


伊集院光:オリンピックですけれども、IOCのバッハ会長が乗り込んできまして。
内山研二:ええ。

伊集院光:まずは、「もったいない」なんてのをね、使いながら(笑)牽制球を投げながら。

内山研二:そうですね。

伊集院光:ただまぁ、IOCの言い分としては分かるな、と思うのは、「エントリーした時の条件、それで選んでるんだから」と。

内山研二:はい。

伊集院光:「一応、それを基準にはやって下さいよ」みたいなことは言ってますね。

内山研二:うん。で、提案がありましてね。「作業部会を作ったらどう?」と。そのメンバーが、東京都と政府と大会組織委員会とIOC。「その4者が、実務レベルで話したら良いんじゃないですか?」と提案してきたんですが、これで、すんなり話し決まります?(笑)

伊集院光:なんかイメージとして、「IOCの人が加わって、まとめてくれるならうまくいくんじゃないの?」っていうふうにあんまり思わない。ややこしいですね。「ややこしいことになりそうだな」っていう。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光とらじおと