伊集院光、『バイオハザードRE:2』をプレイしていて「ゾンビ慣れ」している自分に気づく「怖いのではなく、邪魔だなぁと思う」

2019.02.26 (Tue)
2019年2月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『バイオハザードRE:2』をプレイしていて、「ゾンビ慣れ」している自分に気づいたと語っていた。



伊集院光:不思議ともうさ、あれに慣れちゃったから、『バイオハザード』っていうものに慣れちゃってるから。何が起こるか分からなくはないじゃん、絶対。「大体、こういうことが起こる」ってことが起こるから。

なんつったらいいのかな、ゾンビが出てきても怖いとか思わないのね。「邪魔だなぁ」と思う(笑)「ここにあんなのいられると、邪魔だなぁ」っていうのと、あと一応2のリメイクだから、「お久しぶり」っていう(笑)

これもまた難しいもんでさ、絶対、グラフィック的には天と地の差があるんだけど、元々の、初めてやった時の、今思えばしょぼいはずのプレステのグラフィックみたいのも、頭ん中で保管しちゃってると、今より綺麗ぐらいの話になってるから。「肩のところに目玉のついてる人、久しぶり」みたいな感じになって。なんか不思議なやつ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、バイオハザードの進化の歴史の中で『RE:2』の恐怖感やリアルさは「そこまで凄い上がる感じもしない」と指摘

2019.02.26 (Tue)
2019年2月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、バイオハザードの進化の歴史の中で『バイオハザードRE:2』の恐怖感やリアルさは、「そこまで凄い上がる感じもしない」と指摘していた。



伊集院光:『アローン・イン・ザ・ダーク』も凄い怖かったんだけど、今見たら、「これがゾンビなの?」っていうぐらい。三角と四角で作られてるんですよ。その本かガッチガチのポリゴンで作られた画像も酷いんだけど。

でも、窓を突き破ってゾンビ犬っていうか、三角の組み合わせが来るのとか、凄い怖かったから。それがプレステになった時に、格段に綺麗になったから。

でも、今の少年たちが、今のその『RE:2』を見て…比喩表現じゃなくて、ちょっとおしっこ漏るぐらいのを見た後に、あの『バイオハザード』を見たら、「はぁ?」って思う気がする(笑)「はぁ?これ、怖いか?これ、リアルか?」って。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力