伊集院光「ハンカチ王子という愛称がイヤだった斎藤佑樹」

2013.01.22 (Tue)
2013年01月21日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、日本ハムファイターズ・斎藤佑樹投手と対談を行ったことについて語られていた。
佑樹―家族がつづった物語
前記事:伊集院光「日ハム・斎藤佑樹投手との対談」

伊集院光「本音の話で訊いたのは…『こいつ良い奴だな。この選手スゲェな』って思ったから訊けるわって思って訊いたんだけど、『18歳くらいの子が、"ハンカチ王子"って言われるの絶対にイヤだよね』って。『"ハンカチ"ってアイテムも、"王子"ってアイテムも、男社会ではバカにされてるよね?』って話をしたら、やっぱり18歳の少年は、相当イヤだったみたいよ(笑)」

「『王子って…』っていう。逆にいうと、石川遼選手の"ハニカミ王子"とか、斎藤佑樹投手の"ハンカチ王子"があった後、"王子"って付けられることは、間違いなくバカにしてないけどね。間違いなくしっくりしてるけど、やっぱり男社会の野球において、あのネーミングセンスは絶対に女だと思うんだよね」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力