伊集院光、漫画『ハレンチ学園』の衝撃的な第一部最終回について語る「学園を爆撃し始めるの」

2018.02.27 (Tue)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、漫画家・永井豪との対談の中での話で思い出したという、漫画『ハレンチ学園』の衝撃的な第一部最終回について語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:『ハレンチ学園』の最終回というか、正確には最終回じゃないんだけど。『ハレンチ学園』って、まぁ俺が物心つく寸前ぐらいの、まぁ、今、物心ついてるのかどうか(笑)俺ね、物心、一度ついたんあだよね。中2の終わりぐらいに。まぁ、そこからどっかに失くしたりしてるんだけど。

『ハレンチ学園』っていう漫画って、社会現象になるぐらいのまあまあエロい、ハレンチまさに「ハレンチ」な漫画で、この番組でも「ハレンチ学園」のコーナーあったぐらい、も「ハレンチ学園」って言葉は、定番になっているわけですよ。



そこからスカートめくりブームとか、ちょっとPTAとかが、「ハレンチ学園けしからん」みたいなことになっていくぐらいの割と大ブームになるんだけど。

なんかある日突然、ハレンチ学園がおかしなことになったっていう記憶だけ俺の中でうっすらあって。細かくハレンチ学園がどうだったか、全然覚えてないわけ。でも今、その永井豪先生本人に聞いたその感じ。「もう、打ち切りならやっちゃいけないこと全部やる」みたいな感じと、「ハレンチ学園の最後って、全く俺に受け止められない形になって終わったっていう記憶だけある」と思って。

ちょっとネットで調べてみて、「なるほどなるほど」という感じになり。さらにいろいろ古本を漁ってみたら、『ハレンチ学園』の単行本が3万円ぐらいのお値段なんだけど、これ買うしかねぇなとなり。

で、その『ハレンチ学園』関係を調べまくってたら、俺が受け止められなかった、その『ハレンチ学園』のストーリーって…エロ漫画です。ハレンチ学園っていうそのハレンチな学園があります。でいて、現状として社会では今、そういうハレンチな漫画を子どもが読むから、最近の子供はダメになるって言うことを、すごい糾弾されてるわけですよ。今でいう、炎上してるわけですよ。

まして、それコンプライアンス叩きをすごいされているですよ。そこでね、大日本教育センターっていう…これ、漫画の中での話ね。大日本教育センターという大きな集団がハレンチ学園に戦争を仕掛けてくるの。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力