伊集院光、漫画『デビルマン』の急展開はアニメ放送終了に伴う打ち切り決定で行われたと語る「主要キャラをブチ殺し…」

2018.02.27 (Tue)
2018年2月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、漫画家・永井豪との対談の中での話で、漫画『デビルマン』の急展開はアニメ放送終了に伴う打ち切り決定で行われたと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:今週、衝撃的だったのは、先週の放送に遡るけど、先週の放送で漫画家・永井豪先生に会うよっていう話をしてて。で、基本的『デビルマン』とか『マジンガーZ』の話、最新作の映画の話とか、それ描いた頃の話しようか、と。

で、おそらく『けっこう仮面』とか『へんちんポコイダー』とかの話はできねえんじゃねえかなっていう話を、先週のこのラジオでしてたんだけど。一応、『けっこう仮面』まではブッ込んできました、朝の番組ですけども。

で、永井豪先生と話したのが、難結構面白いし。えらい刺さったんだけど。なんつったらいいのかな。『デビルマン』の連載当時、ひどい話になるわけですよ。で、これネタバレ含むなんでなんともですけど。



デビルマンが…最初「こういうの描きませんか?」みたいな話がきたき、「悪魔モノ描きませんか?」って言われて、で、本人あんま乗り気じゃないけど、「じゃあ悪魔モノのリクエストがあるなら、それ描こうか」となると。

でいて、最初のデビルマンで、悪魔なんだけれども、ヒーローだったりみたいな原案を考えて、絵も考えたところで、「アニメのゴーサインが出ました」と。で、アニメのゴーサインが出たときに、「子ども向けのアニメにするから、パンツを穿かせてくれ」って言われて、でいてパンツ穿いた感じにしたり、子供向けに向けての修正みたいなことをするんだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、永井豪原作の『デビルマン』は単なるヒーローモノではない残酷描写満載のストーリーだと語る「とんでもない話」

2018.01.16 (Tue)
2018年1月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、永井豪原作の『デビルマン』は単なるヒーローモノではない残酷描写満載のストーリーであったと語っていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:『デビルマン』って、俺らの子供の頃にやってたのも十分面白いんです。十分、面白いんですけど、子供だから普通に面白いヒーローモノ始まったなっていう。

デビルマン


「あれは誰だ 誰だ 俺は彼かなぁ~?…うん」の(笑)楽しくて観てるわけ、子供だもん、こっちは。そのデーモンがなんのじゃなくて、マジンガーZとかああいうのと一緒の、ヒーローが地球侵略にきた敵を倒すやつの一つだって観てるわけ。

その頃は、「へぇ、この曲、阿久悠なんだ。阿久悠、なんでもやるな。兄弟にカネをせびられてもいないのに」っていう(笑)兄弟にカネをせびられてるの誰だっけ?…なかにし礼(笑)兄弟にカネをせびられて、そのためだけにカネを生み出すマシーンになってやるって仕事をしてたのは、なかにし礼(笑)阿久悠、広いな仕事の幅、と思いながら。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力