伊集院光、『テトリスエフェクト』は「VRの新しい可能性」を開いたと語る「俺が求めてるのは、360度の空間でテトリスをやりたい」

2019.04.16 (Tue)
2019年4月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『テトリスエフェクト』は「VRの新しい可能性」を開いたと語っていた。

テトリスエフェクト


リスナーメール:最近、ビックリしたVRコンテンツは何ですか?

伊集院光:『テトリスエフェクト』って、テトリスなんだけど(笑)VRだよ?VRでテトリスなんだけど、『テトリスエフェクト』っていうゴーグルかぶって。

でも、これがちょっと残念なのは、ただのテトリス。ゴーグルかぶってやるテトリスなんだけど。目の前に、まぁ100インチだったり、200インチだったり、映画館ぐらいの大きさの画面がある感じで、前のテトリスをただただやるだけなんだけど。

『テトリスエフェクト』っていうぐらいだから、縦の4マスの棒が、スポってハマった時とかに、ビカビカビカ~みたいなのが凄いの。だから、それが思わずそもそものちょっとこうなんていうのかな…俺、よくそういうジャンルわからないけど、テクノみたいなリズムがずっと刻まれてる中、真っ暗な空間で他の邪魔するものが視界に何もない状態でのテトリスっていうところに、しかもそのビカビカビカ~とかがあるから、ちょっとなんかすごい気持ちいいんだけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力