南キャン・山里「男二人でAKB48のライブへ」

2010.05.29 (Sat)
2010年05月26日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、AKB48のライブに行ったときのことを話していた。「ライブに行く予定だったんですけど、(ラジオ番組の)プロデューサーの池田さんが、『一緒に行きたい』って言い出しましてね。なんとか頼み込んで、チケットをもらったんですよ」

「その日は、超プレミア・チケットになっていたんです。言うのが恐いですけどね。以前も、このことが原因でブログが炎上しましたからね(南キャン・山里亮太「AKB48ファンの方々、すみませんでした」)」

「AKB48が、その日に生まれ変わったんですよ。チームBっていう、新生チームになってたんです。その日のために、どれだけ気持ちを上げてきたか。ずっと自分が応援していたチームBが解散して、1ヶ月くらい涙をこらえて、『これから、応援できるだろうか』って思ってたワケですよ」

「ライブで幕が上がって、彼女たちが登場したら、トリハダが立ちましたよ。素晴らしいですよ。やるな、秋本康って感じで。それで池田さんの方をみたら、ぽけーっと見てるんです。でも、気にせず、ライブに集中しようと思ったんです」

さらに、そこから山里は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論