明石家さんま、サッカー日本代表に対し厳しい意見を言うべきと主張「罵声などをバネに強くなる」

2014.07.06 (Sun)
2014年7月4日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、サッカーワールドカップ日本代表に対するファンの対応について、厳しくあるべきだ、と主張していた。

本人vol.11
本人vol.11

他国では、負けた場合、罵声や物を投げつけられたりすることもあるという。中には、身の危険を感じて、ほとぼりが冷めるまで他国で過ごす選手もいるという。一方、日本ではグループリーグ敗退したにも関わらず、温かく日本代表の帰国を迎えていた。

その点についてさんまは、日本のファンが「今回は、日本のファンは最初から諦めてたんでしょうね。『予想通りか』っていうのが、日本の対応やったんやな」と指摘。

さらに、ラモス瑠偉の言葉を借り、「ラモスがエライ怒ってましたけど、『日本も、もっと厳しくファンが迎えなきゃいけない』って。それをバネに強くなっていくらしいんで」と語っていた。さんまもこの意見に同調し、「罵声浴びせたり、なんか投げつけたりするのをバネに、あそこまで強くなってるっていう事実もあるんですね。それが当たり前になるような国に、早くなって欲しいですね」と語った。

サッカーファンとして知られる土田晃之も以前、同様の意見をラジオ番組で主張しており、負けても「気持ちを切り替えて」などの前向きな言葉しか出てこないテレビ番組について、「これはおかしいな」と思ったら言うべき、と批判していた(土田晃之、サッカーW杯日本代表に関して前向きな言葉ばかりのマスコミに苦言「気持ちを切り替えて、ばかり」 )。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日

伊集院光、サッカーW杯の失言で批判が集中するワケを語る「日本が上手くいかない鬱憤を晴らしたい」

2014.06.24 (Tue)
2014年06月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、FIFAサッカーワールドカップ2014の日本戦などに関する失言があった場合、批判・非難が集中する理由について語っていた。

のはなしし
のはなしし

現在、日本は1敗1分けの状態であり、可能性は0ではないが窮地に陥っている状態である。そんな最中、タレントなどの著名人が、サッカーワールドカップに関連する失言などで問題を起こせば、袋叩きのような状態になる、と伊集院は語っていた。

その理由として、「日本が上手くいかないことを何かにぶつけたい」ということがあるのではないか、と指摘していた。むしろ、分別のある人ほど「『ここは怒って良いんだ』っていうところに、ブワーってくるじゃん」とし、フラストレーションの捌け口に使われてしまう可能性があり、失言などに注意しなければならない、と語っていた。

現在、新聞などの紙面には、「日本、まだ頑張れる」と書かれている一方で、他国で日本よりも可能性を残した国が「絶望的」と書かれるというバランスのおかしさがあるような状況である。日本を応援するムードで、異論を挟めないような状況に気を揉み、伊集院は日本と全く関係ないトーナメントの試合を観ることでサッカーワールドカップを楽しんでいるようである。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、サッカーW杯日本戦の勝敗結果を知らせる人に怒り

2014.06.24 (Tue)
2014年06月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、FIFAサッカーワールドカップ2014で行われる日本戦の勝敗結果を知らせてくる人に怒りを覚えた、と語っていた。

のはなしし
のはなしし

伊集院は、自らの草野球チームを持っており、複数の芸人野球チームとペナントレースを行っているという。現在、混戦状態であり、勝敗の1つ1つが重要な試合となっている、と語っていた。

そんな中、20日のサッカーワールドカップの日本 vs ギリシャ戦が行われる当日の同時間帯、伊集院の野球チームは、試合が入っていた。試合を観たいが、伊集院はチームメイトにも「大事な試合だから」と念押しをし、試合に出場することを頼んでいた。

だが、伊集院も日本戦を観たかったため、iPad miniにワンセグチューナーを付け、まだチームメイトが集まっていない野球場で、日本戦を試合開始前に観ていた。次第にチームメイトが集まってきて、練習を始めなくてはいけなくなり、伊集院は 0 - 0で残り15分となったところで観戦をやめ、試合前のアップを開始した。一方、草野球チームの選手も、「家に帰ってゆっくり観たいので」と言っていたという。

あとは自分たちの試合後に観よう、と思っていた矢先、審判がプレイボール前に「日本はギリシャに引き分けましたが」と試合結果を知らされてしまった。全く予期していない状態で結果を明かされてしまい、楽しみを奪われて伊集院は腹が立った、と語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

伊集院光、サッカーW杯で「ビギナー=にわか」という誤用が多いと指摘「ビギナーは歓迎、にわかは敵」

2014.06.24 (Tue)
2014年06月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、「にわか」の言葉の使い方が変質してきていることについて指摘していた。

のはなしし
のはなしし

「壁ドン」という言葉が、本来は隣室のうるさい騒音などに対し、抗議の意味を込めて壁を叩く行為を指していたが、最近では少女漫画などを中心に女性を壁際に追い詰めて、男性が壁に手をついてせまる、という意味で使用されていることを例に挙げ、そのような言葉の変質が「にわか」で起きている、と伊集院は語っていた。

伊集院は、にわかとは「ビギナーにも関わらず、自分より詳しい人の前で、知ったかぶりをすることや、自分より詳しい人にリスペクトなしで、殊更でしゃばってくる人」のことであり、物事を新規で始めた人であるビギナーとは異なるのではないか、と語っていた。

つまりは、ビギナー=にわかではなく、ビギナーは歓迎すべきであるが、一方で、にわかは古参にとっては敵扱い、煙たがられる存在とされても致し方のないものではないか、と結論付けていた。そのため、「にわかを受け入れないと、サッカーが衰退していく」といった意見は誤りであり、「ビギナー・新規のファンを受け入れてないと、衰退していく」という方が正しいのではないか、という提言のようである。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

加藤浩次、ピンチのサッカー日本代表に対し批判を行う人々に「外野は黙って観てれば良い」

2014.06.23 (Mon)
2014年06月21日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽加藤・よゐこ有野のオレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~』(毎週土 26時00分 - 28時45分)にて、お笑い芸人の加藤浩次が、FIFAサッカーワールドカップ 2014で決勝へ進めるか瀬戸際となっている日本代表に対し批判を行う人々に対して「外野は黙って観てれば良い」と語っていた。

イルネス共和国
イルネス共和国 [DVD]

加藤は、「上手くいかなくなったら、あーだこーだ言いたくなるわけ。テレビ番組と一緒よ。視聴率が下がってくるとね、よく分からないヤツが文句言ってくるわけさ」と、日本代表の現状を視聴率が低迷する番組についてたとえ、そのようなピンチに陥っている状況になると、現場をよく分からない人々が現れ、とやかく言ってくる、と指摘した。

さらに、「俺らみたいな外野は、黙って観てれば良いんだよ」と語り、批判や不手際を指摘したりするのではなく、日本代表の応援のみをすべきなのではないか、と提案していた。

テレビ番組では、調子が良いときには差し入れなどもあるが、視聴率が下がってくると手のひらを返し、そのようなことは無くなるという。逆にピンチのときこそそのような応援・支援が必要なのではないか、と加藤は語り、日本代表へのエールを送っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オレたちゴチャ・まぜっ!

有吉弘行「スポーツは、ニワカファンを受け入れないと衰退していく」

2013.07.27 (Sat)
2013年07月24日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」にて、サッカーのコアなファンとニワカファンについて語られていた。

真のサッカーファンと、ニワカのバカ騒ぎは何が違うのか?

お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)有吉弘行「ニワカだから騒ぐなっていうのは、俺は好きじゃないんだけどね」

マツコ・デラックス「同感です。毎週Jリーグ応援してるからって、何なんだよ、って思うけどね」

有吉「うん」

マツコ「毎週バカ騒ぎしているか、たまにバカ騒ぎしているかの差だろ。だったら、毎週バカ騒ぎするより、たまにバカ騒ぎしてるファンの方が、まだ良いわ」

有吉「もう一個、群集心理でバカ騒ぎしている奴らに腹が立つっていうのは、分かる」

マツコ「わかるけど、埼玉スタジアムで毎週上半身裸でバカ騒ぎしているヤツは、渋谷のスクランブル交差点でバカ騒ぎしているヤツと、どこが違うんだって話よ」

有吉「うん、うん(笑)」

マツコ「よくあるスポーツバー、一生足を踏み入れることのない場所だって思って見てるけど」

有吉「うん(笑)」

マツコ「アレとかもそうだよね。あと、男がウワー!って言って暴れてるのは分かるんだけど、ときどきOLさんみたいな人がスポーツバーとかで、綺麗に化粧して応援しているの見ると、『仕込みか?』って思うんだけど、ああいう人たちはなんなの?」

有吉「最終的には、出会いを求めてるだけだと思うんだけど」

マツコ「絶対にそうだよね」

有吉「なんなら、結果はどうでも良いって女いるからね」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国

ナイナイ・岡村「サッカー日本代表・本田圭佑のセルフ・プロデュース力」

2013.06.07 (Fri)
2013年06月06日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、サッカー日本代表・本田圭佑のセルフ・プロデュース力について語っていた。Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 6/13号 [雑誌]

岡村「本田さんって、凄いね。子供抱えて帰ってくるなんて。なかなかやと思わへん?」

矢部「はい。日本人は、なかなかできないですよ」

岡村「まぁ、まぁそうね」

矢部「ハリウッドスターですよね。片手で抱いて」

岡村「あのへんのセルフ・プロデュースって凄いよね。普通は、やらへんよね」

矢部「やらへん」

岡村「子供を見せへんし。あえて子供を抱いて帰ってきた、本田ですけどっていう」

矢部「うん、あそこから始まってるんですよね」

岡村「昔、中田英寿が帰ってくるとき、すごい長いマフラーしてたとか」

矢部「ナリコレね」

岡村「それと似ているというか。それをやってると、段々、自分で自分のクビを締めることになんねんけどね」

矢部「ふふ(笑)」

岡村「『次はどういう格好で帰ってこようかな』って」

矢部「ふふ(笑)うん。ただ、結果出してね」

岡村「そうやなぁ…やっぱちゃうなぁ。本田さんとか中田とかもそうやけど、外人さんなんやなぁ。ハートが違うんやろうね、日本人の感覚と」

矢部「うん。共通してるのは、中田英寿さんと本田選手は、海外行っても強気。外国人選手に対してね」

岡村「うん」

矢部「監督にもそうやし。はっきり意思表示して、それは共通してますよね」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

ナイナイ・岡村「DJポリスへの称賛の声に対し疑問」

2013.06.07 (Fri)
2013年06月06日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、「DJポリス」への称賛の声が集まったニュースに対して、疑問を呈していた。FIFA(R)ワールドカップコレクション DVD-BOX 1990−2006

「DJポリス」とは、サッカー日本代表がワールドカップ・ブラジル大会出場を決めた4日夜、ユーモアを交えた呼び掛けで東京・渋谷のスクランブル交差点の雑踏警備にあたった警視庁機動隊員のことである。

岡村「DJポリス、なんて言われてましたけども」

矢部「うん」

岡村「そもそも、スクランブル交差点でハシャイでる人たちに、真のサポーターはいませんから」

矢部「ふふ(笑)」

岡村「ホンマにサッカー愛している人は、あそこで『うわぁ~』ってなったりしません」

矢部「毎回やもんな、お祭り騒ぎが」

岡村「それでワイドショーが行くでしょ、映像撮るでしょ。それがアカンねん。アホがまた出てくんねん」

矢部「うん」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

加藤浩次 「野球好きに悩まされる人生」

2009.09.12 (Sat)
2009年09月11日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、息子の快晴の異変について語られていた。話の発端は、幼稚園から送られてきた長男・快晴くんへのバースデーカードだった。

「そこにな、好きな食べ物:梨、葡萄って書かれていた。まぁ、果物だけだけど、それは良いよ。それで、好きなスポーツのところに、『野球』って書かれてたんだよ」

「でもな、俺はサッカー好きなんだよ。知識も、俺以上の人は一杯いるよ。でもさ、バカみたいに俺はサッカーが好きなの。今も、サッカーをやっているんだ。それで、息子にも『一緒に行くか』っていうと、結構きてるんだよ」

「それで、一緒にサッカーとかもやってて、男っぽい顔つきになっている。だから、そうしてサッカー好きになっていったりするのかな、って思ってたの。でもさ、そのカードには『野球』って書かれているわけ」
と、何故か野球好きになっていたという快晴くんのことについて語られていた。

そこで、快晴くんに話を聞こうと思った加藤。そこで、以下のようなやりとりがあったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂