千原ジュニア「タートルトークのクラッシュにリベンジに行く」

2013.06.30 (Sun)
2013年06月29日放送の「第24回 人志松本のすべらない話」にて、千原ジュニアが東京ディズニーシーのタートルトーク・クラッシュの話をしていた。そこで、以前、「にけつッ!!」で語った(千原ジュニア「ディズニーシーの爆笑王・タートルトークのクラッシュ」)後日談をしていた。人志松本のすべらない話 2012 歳末大感謝祭 完全版! [DVD]

千原ジュニア「ちょっと前に、ロケでディズニーシーに行くってことになりまして。大阪の番組でロケさせてもうたんです。色んなアトラクションに乗せてもらったんですけど、『今から行くのは、タートルトークです』って言われて」

「全く知らなくて、『何ですか?それ』って言ったら、設定は船底にガラスがあって、そこに200人くらい入って、窓ガラスにファインディング・ニモに出てくるカメ、クラッシュが出てきて身振り手振りで喋って、お客さんと質疑応答して、そのクラッシュがお客さんをイジり倒して誰1人傷つけず、爆笑に次ぐ爆笑をかっさらって帰っていくんですよ」

「『そんなことあんの?』って思いつつも行って。ほんならお兄さんが、『せ~の、"クラッシュ~"で呼びましょうね』って呼んだら、向こうからブワ~って来るんですよ。映像なんですけどね。表情とか声とか、めっちゃオモロイ感じなんですよ。『よぉ~みんなぁ~会いたかったぜぇ~』って」

「もう子供たち『クラッシュ~!』って感じで。クラッシュは『みんなに会えて、本当に最高だぜ~!』って。そこから、『俺に何か、質問あるヤツはいるかぁ~い?』って言って。男の子が手を挙げて。『僕は泳ぎが得意じゃないんですけど、どうやったら得意になりますか?』って訊いて。そしたらクラッシュが『お前、名前はなんって言うんだ?』って訊いて。『コウスケって言います』って言ったら、『おいおい、泳ぎの速そうな名前じゃないかぁ~』て言うと、もうドッカーンって笑いが」

「ほんなら、クラッシュがキョトーンってした顔して。『俺、そんな面白いこと言ったか?』って言って。設定として、地上のことは全く知らないってことになってるんですよ。それを誤魔化しながらも、笑いとっていくんですよ」

「『他に質問あるヤツはいるか?』ってクラッシュが訊いたら、今度は女性が指名されて。『私たちは、大阪から来たんですけど、大阪弁喋れますか?』って訊いてて。『大阪弁?大阪弁ってなんだ?』って訊くと、『たとえば、"○○やねん"とか"○○やん"みたいな言葉なんですけど』って言って。そしたら、『いやぁ~俺は大阪弁は…喋られへんねん』って。もうドカーンって笑いがきて」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  人志松本のすべらない話

千原ジュニア「ディズニーシーの爆笑王・タートルトークのクラッシュ」

2013.04.06 (Sat)
2013年03月28日放送の「にけつッ!!」にて、プライベートで東京ディズニーシーに行った際、東京ディズニーシー『タートルトーク』で、クラッシュと会話していたことを明らかにしていた。ファインディング・ニモ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

千原ジュニア「俺は何故、明日(東京ディズニーシー)行くかって言ったら、どうしても調べたいことがあって」

ケンドーコバヤシ「ほぅ」

千原ジュニア「これは芸人として。偵察に行きたくて」

ケンドーコバヤシ「使命を帯びている?」

千原ジュニア「そうなんです。今ね、ディズニーシーに爆笑王が1人いて」

ケンドーコバヤシ「そんなバカな」

千原ジュニア「これがね…ファインディング・ニモに出てくる、クラッシュっていうカメのキャラクターらしいんですけど」

ケンドーコバヤシ「はい」

千原ジュニア「タートルトークっていって、200人くらいで劇場に入るんですよ。水槽(モニター)があって、そこからお姉さんが『クラッシュをみんなで呼びましょう。せぇの…クラッシュ~!』って呼んだら、向こうから『最高だぜ~!』っていって、カメがくるんですよ」

ケンドーコバヤシ「ほぅ」

千原ジュニア「海の向こうからうわぁ~ってくるんです。『今日はみんな、俺のためにありがとうなぁ~!』って」

ケンドーコバヤシ「ちょっと大友康平さんみたいな(笑)『サンキュ~!』みたいな」

千原ジュニア「『熱いぜ盛岡~!』(笑)」

ケンドーコバヤシ「はっはっはっ(笑)」

千原ジュニア「…そこから、いうたら質疑応答。お客さんは毎回、入れ替わります。アドリブショーで、そこからドッカンドッカン笑いをとるんですよ。『みんな、ヒレを上に上げて『ウォオー』って言ってくれ。せぇの~ウォオー』みたいな」

ケンドーコバヤシ「はい」

千原ジュニア「『…左の5列目にいるダウンを着たお父さん。名前はなんっていうんだ?』って言って、『…セイタロウです』『セイタロウ?…良い~名前だ!』って。そこから客イジリで、『セイタロウ、一緒にやってくれよ。ウォオー』って。『じゃあみんなでいくぞ。ウォオー…おいおいおい、セイタロウだけやってないじゃないか』ドカーンって」

ケンドーコバヤシ「スゴイですね」

千原ジュニア「女の子が『海には、綺麗なものはあるんですか?』って質問して。エェ質問すんなぁ、みたいな」

ケンドーコバヤシ「うん、うん」

千原ジュニア「『海には綺麗なものがいっぱいあるぜ~サンゴだって、泳いでる魚だって、みんな綺麗だ。みんな綺麗だけど、なんだか少しだけ、ほんの少しだけ、俺の生まれた時より綺麗じゃなくなってる気がするんだ。だから…もしよかったらみんな、今度海に行ったときには、海を大切にしてくれよな』って」

ケンドーコバヤシ「ほぅ」

千原ジュニア「こっちオッサンばっかりですけど、『うん!』って(笑)」

ケンドーコバヤシ「そういう心打つようなことも」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  にけつッ!!