キダ・タロー、CM楽曲のギャラ事情を明かす「1曲最低200万円、CMでの印税は無し」

2014.10.11 (Sat)
2014年10月10日放送のテレビ朝日系の番組『アウト×デラックス』にて、作曲家・音楽家のキダ・タローが出演し、CM楽曲のギャラ事情について語っていた。『かに道楽』『出前一丁』『小山ゆうえんち』などのCM曲を手がけ、耳に残り聞き覚えのある曲も数多い。

そんなキダ・タローのCM曲のギャラ事情は、「1曲200万円」「CMでの使用では、印税は入らない」といった様なものであるという。

浪花のモーツァルト キダ・タローの ほんまにすべて
浪花のモーツァルト キダ・タローの ほんまにすべて

ケータイゲーム好き

矢部浩之:ピアノの腕が落ちたんですね?(笑)

キダ・タロー:忙しいし。ケータイのゲームで。

マツコ・デラックス:え?(笑)

キダ・タロー:ケータイのゲーム、ハマってますねん。

マツコ・デラックス:え?

キダ・タロー:最初、なんとなしに始めたんですけど、物凄い面白い。RPGです。それをやって。それで全国1位になりまして。『剣豪』というゲームで。

矢部浩之:ほう。

キダ・タロー:その次に、『攻城戦』というゲームがありましてね、隔週の土曜日、12時間、戦闘をやりまんねん。私は守る方、敵は攻めてきよるわけです。それで、少人数の戦闘から始まって、段々上がっていって。

マツコ・デラックス:はい。

キダ・タロー:しまいには、SSクラスの戦闘になって。敵が城内に入ってきて、死ぬか生きるかですわ。

マツコ・デラックス:ふふ(笑)

キダ・タロー:12時間。それで、こちらが負けたら降格されてしまう。私、最高幹部なんでね。

マツコ・デラックス:そう言われても、ちょっと(笑)最高幹部?

山里亮太:一体、どこがモーツァルトなんでしょうね?(笑)

キダ・タロー:物凄い、しつこい性格なんです。だから、やりだしたら…

矢部浩之:悔しくて?

キダ・タロー:お子さんで、負けたら泣き出す人いるでしょ?将棋の先生でも、バーンって将棋の盤をひっくり返す人いますでしょ?

加藤一二三:そんなにおりませんけど(笑)

矢部浩之:あんまり見たことないですね(笑)…その熱さを、もう一度、ピアノに…

キダ・タロー:ヒマがない。そんだけやった分を、もう戻りがきぃひん。

加藤一二三:色々、お好きな曲おありなんでしょ?

キダ・タロー:ショパンが好きですね。

加藤一二三:良いですね(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アウト×デラックス

ナイナイ岡村が爆笑、佐村河内氏の謝罪会見でキダ・タローのカツラ疑惑をイジる関西ローカル番組

2014.03.14 (Fri)
2014年03月14日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、佐村河内守氏の謝罪会見で、キダ・タローが関西ローカル番組にキャスティングされ、ある"疑惑"についてイジっていたのではないか、と語っていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

岡村:夕方くらいにテレビ観れたんですね。大阪ローカルやから、大阪独特の面白い感じやったで。

矢部:うん。

岡村:佐村河内の謝罪会見してんねんけど、そのスタジオのコメンテーターがキダ・タローやねん。

矢部:ほぉ(笑)

岡村:「ニセ・ベートーヴェン」と「浪花のモーツァルト」が、同じ所におるわけよ(笑)

矢部:ふふ(笑)

岡村:佐村河内さんの会見が流れてて、スタジオに降りたら、「ニセ・ベートーヴェン」が喋ってるわけですよ。「申し訳ないです。その通りです」って言うて、それでスタジオに降りてきたら、浪花のモーツァルトが、「この人はね、胡散臭い!」って(笑)

矢部:ふふ(笑)

岡村:「ペテン師や、嘘をついている」って。

矢部:うん(笑)

岡村:他にもコメンテーターの方がいるんですけども、「そうですね」みたいなことを言うてて。「次のシーンは、こんなんです」っていうて。また佐村河内さんやらなんやらがコメントしてんねんけど、後ろにデカイ佐村河内さんの静止画があって、そこからスーッと降りてくんねんけど、そこから降りてくると、必ずキダ・タローさんの頭からスーッて(笑)

矢部:ふふ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN

「浪花のモーツァルト」キダ・タロー、実はショパンが好きだった

2014.02.21 (Fri)
2014年02月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、作曲家のキダ・タローがゲスト出演しており、「浪花のモーツァルト」という代名詞がついたきっかけについて語っていた。

浪花のモーツァルト キダ・タローの ほんまにすべて
浪花のモーツァルト キダ・タローの ほんまにすべて

赤江珠緒:「浪花のモーツァルト」という呼び名は、どなたが付けられたんですか?

キダ・タロー:『探偵ナイトスクープ』のプロデューサーの松本修さんっていう、有名な人がおりまして。

赤江珠緒:えぇ。

キダ・タロー:その方が、めちゃくちゃモーツァルトのファンなんです。

赤江珠緒:えぇ。

キダ・タロー:キダ・タローの曲の一部が、モーツァルトの設定に非常によく似ているって勝手に解釈なさって、そう付けはったんです。

赤江珠緒:はい。

キダ・タロー:付けられたものを「結構です」って言うわけにもいかんし、否定したって、知られるもんは知られるし、ポシャるもんはポシャるし。

ピエール瀧:はい。

キダ・タロー:放っておいたら、意外と浸透しましたんで、まぁエェやろって。

赤江珠緒:あぁ。

ピエール瀧:別の方が言ってた、「浪花のモーツァルト」っていうのがひとり歩きしちゃったんですかね。

キダ・タロー:自分では言わんでしょ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび