山里亮太、恐ろしすぎてトラウマになった『ガチンコ!』のディレクター「面白くねぇんだから、足引っ張んな!」

2011.02.03 (Thu)
2011年02月02日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、TBS系で放送されていた番組『ガチンコ!』で出会った、恐ろしすぎるテレビディレクター・中井康二について語っていた。



山里亮太:まぁ『ガチンコ漫才道』は辛かったね。何が辛いって、『ガチンコ!』って、ファイトクラブの不良を更生させる、みたいなのをやってたから、ヤンキーが観てんのよ。その間に、谷として『漫才道』ってやってたのよ。

本当にそこで数字がストンと落ちるくらい人気無かったんだけどね、コーナーとしては。それで、ヤンキーが観ている影響で、コンビニとかで立ち読みしてると『オイ!そんな立ち読みなんかしてる暇あんのかよ?巨人師匠に怒られんぞ!』って言われて蹴られてたりしてたのよ、あの時。

でも、そんなのは屁でもなかったね。何故かというと、そこのディレクターさんが鬼みたいに怖かったの。怖さが、何て言うのかな…ネチッとしてるのよ。ガチンコ!って、演出があるじゃない。たとえば、塾生同士が揉める、みたいなね。でも、巨人師匠の教えの下、縦社会ですから。そういうのは良くないって言われてるんですよ。でも、作る側は揉めて欲しかったりするじゃないですか。

だけど、『漫才道』では、そういう揉めるシーンとか撮れなかったんですよ。そうするとディレクターさんとか、制作側はフラストレーションが溜まってきて、その怒りが師匠に行けないから全部俺らに来るのよ。

楽屋にいるシーンで、本来だったら「アンタの漫才、オモシロクないんですよ!」とかってシーンが欲しいと思うんですよ。でも、そういうの出来ないんですよ。ガチで漫才やっていこうって感じになったから。そんな中で、ファイトクラブだとヤンキー同士とかだから揉めるのよ。でも、俺らは同じ事務所の縦社会だから揉めないのよ。

そうすると、今でも覚えてるけど、カメラを回すときに「はい、じゃあ今から面白くない映像撮りま~す」って言うのよ。「は~い、OKです。面白くないですけど、流します。はい、お疲れ様です。それでお金貰って帰れるんですから、みなさん良い仕事ですね~」ってね。

「ホントは揉めてくれたりして面白いんですけど、あなたたちが面白くないのは知ってますから。できないのは分かりますから、(カメラ)回しません。回しても流すところな無いんで」って…こんなのよ。ずっと。それで、俺らが優勝コンビとして決まったの。そうしたら、冠番組が特典としてもらえるんですよ。冠番組もらったら、今度はその人が付きっ切りよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論