カンニング竹山が語る「亡くなった相方・中島忠幸」

2012.12.28 (Fri)
2012年12月21日放送の「爆笑問題の検索ちゃん。」にて、カンニング竹山(竹山隆範)が出演し、単独ライブ『放送禁止』の一部を漫談形式で披露していた。
カンニング竹山単独LIVE「放送禁止」2012 [DVD]
竹山隆範「どうも竹山です。よろしくお願いします。今回、テレビという舞台で僕は、あることにチャレンジしてみようかと思います。皆さんもう忘れてるかもしれませんが、僕は以前、カンニングというコンビを組んでいました。中島という男とコンビを組んでいたんです」

「中島(中島忠幸)は、6年前に白血病でこの世を去ります。そして今年、ちょうど7回忌なんです。実は、今から5年前、もう5回続いているんですが、僕は単独ライブ『放送禁止』というものをやっています。そして、今年の放送禁止2012では、相方の亡くなった、死を笑い話に変えようというライブをやりました。それを今から短い間ですが、ごく一部しかできませんが、テレビで出来る範囲で、再現していこうと思います」

「といっても皆さん、そんな話をされたら引いちゃう、笑えないよって思うかも知れません。なので、僕はこれから短い間ですが、ちょこちょことエピソードを話します。そして皆さんがウケたり、楽しそうにしていたら、僕はこの仏具を鳴らします。要はこの仏具が鳴らされたら、その話は浄化されたよ、と。7回忌でこの話はしていいんだ、僕と皆さんはこの話をしていいんだ、ということです。そういうことにします」

「要は、亡くなった相方、死んだ人の話をオモシロくしていこうということです。なかなかこんなことをやる芸人、いませんよ。でも僕はやります。なぜか…相方が死んだ芸人、そうそういないからです」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の検索ちゃん。

カンニング竹山隆範 「最近の頭髪事情」

2009.10.31 (Sat)
カンニングの恋愛中毒~竹山&まえけん「おっさん二人の恋物語」編~ [DVD]2009年10月29日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にて、カンニング・竹山隆範が出演していた。そこで、竹山の頭髪について語られていた。

山崎は「竹山さんの頭、一時期は『どうした?』ってことになってたもんね。でも、そこからは変わってないよね。何かやったの?」と話していた。竹山は「まぁ、いろいろあるんだよ…」と言葉を濁していた。

竹山は「収録の時に、後ろから頭を撮られて、普通に引いているときもある」と語っていた。さらに、そこから以下のようなことを話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ

ラブカップルが解散していた

2009.10.31 (Sat)
2009年10月29日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にて、カンニング・竹山隆範が出演していた。そこで、以前放送されていた「カンニング竹山 生はダメラジオ」に、ほぼ毎週のように話に登場していたラブカップル・中田喜之について語られていた。

ラブカップルとは、サンミュージック企画所属(正確には以下参照)あり、中田喜之と増田香の二人のコンビである。中田のセクハラまがいの最低なボケに対して(胸を揉むことも)、増田がビンタなどでツッコむ、といったネタを行っていた(あらびき団では、東野に『お笑いの一番下。最低』と評されている)。


ラブカップル中田の話が出たのは、リスナーからのメール投稿で、「最近、ラブカップル・中田さんはどうしているのか?」と質問されていた。テレビでの露出もなく、果たしてどのようなことになっているのか、ファンではないが気になっている、という内容だった。

この質問に対して、竹山は以下のように答えていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ

カンニング竹山 「ドッキリに過敏になりすぎている」

2009.10.31 (Sat)
カンニングの恋愛中毒~カンニング竹山 VS 小沢仁志~ [DVD]2009年10月29日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にて、カンニング・竹山隆範が出演していた。そこで、以前放送されていた「カンニング竹山 生はダメラジオ」について語られていた。

「TBSラジオに来るのは、爆笑問題さんの昼のラジオに出させてもらったくらい。後は、このラジオにきたくらいだよ。本当に久しぶり」と竹山は話していた。そこから、竹山がラジオにゲスト出演するに当たって、「今日、竹山さんからメールが来て、『今夜はよろしくお願いします』っていうメールがきた」

「でも、竹山さんがゲストに来るっていうことを忘れてて、『どういうこと?』って返信した。そうしたら、よくわからない電話がきて」と山崎は話していた。

そのメール内容とは、以下のようなものだったそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ