千原ジュニア、井上尚弥がオマール・ナルバエスから1Rでダウンを奪った瞬間「大橋会長以外、全員が驚く」

2015.01.18 (Sun)
2015年1月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『千原ジュニアのRPM GO!GO!』(毎週土曜日 17:00 - 17:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、井上尚弥とオマール・ナルバエスのボクシングの試合について語っていた。

井上 尚弥選手 世界チャンピオン記念Tシャツ

千原ジュニア:井上尚弥というボクサーに、井上拓真という弟がいまして。お兄ちゃん(尚弥)が対戦する相手(オマール・ナルバエス)は、2階級制覇してるんですよ。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:具志堅さんが、当時13階級防衛で。まだこれは日本記録なのですけど、お兄ちゃんの相手(尚弥)は、1つ下の階級で16回防衛しているんですよ。

中村岳人:ほう。

千原ジュニア:もう1つ上の階級では、11回防衛してて、トータルで30戦くらい防衛していて、具志堅さんのほぼ3倍というか…12年間チャンピオンなんですよ。

中村岳人:凄い!

千原ジュニア:絶対王者ですよ。生きる伝説みたいなボクサーで。その弟と、井上君の弟が対戦するんですよ。

中村岳人:おおっ、面白い。

千原ジュニア:それが第一カードで、判定でしたけど、ほぼフルガードで勝ったんですよ。

中村岳人:へぇ。

千原ジュニア:(井上尚弥は)元々、ライトフライ級で、出てきたわけ。今回、2階級上げてスーパーフライ級で、1戦目にそんな伝説のヤツとやる必要があるのか、と。相手が強すぎるから。でも、大橋会長が、松本トレーナーと「尚弥は、スパーリングでもメチャクチャ強い。バンダムとか、スーパーバンダムの相手でもボコボコにする」って。

中村岳人:ほう。

千原ジュニア:「今までライトフライ級でやってて、最短とはいえ6戦目で世界を獲る。それで、7戦目で2階級上げて、いきなり伝説の12年間チャンピオンを続けてきたヤツとやる」ってことで、正直、判定で井上君かな、と俺は思ってて。

中村岳人:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  千原ジュニアのRPM GO!GO!