伊集院光「ドロドロな愛憎劇過ぎる特撮ヒーロー『イナズマン』」

2013.03.20 (Wed)
2013年03月18日放送の「伊集院光 深夜の馬鹿力」にて、子供の頃に観ていた特撮ヒーロー『イナズマンF(イナズマンF(1) / イナズマンF(2))』について語られていた。イナズマンF(1) [DVD]

『イナズマンF(フラッシュ)』は、1974年(昭和49年)4月9日から同年9月24日までNET系列で、毎週火曜日19時30分から20時00分に全23話が放送された、東映製作の特撮テレビドラマである。

伊集院光「イナズマンF(フラッシュ)は、今観てみたら、超重いの。イナズマンも、1クール、2クールあって、その後にテコ入れで3クール目がイナズマンFで。イナズマン自体は変わらないのに、敵の組織が変わるのにタイトルが変わるのはちょっと分からないよね。後に、ドラゴンボールがドラゴンボールZみたいになるのとあんまり変わらないんだけど」

「イナズマンなんだけどね、ストーリーが恐らく当時、東映の新進気鋭の監督が本編の映画が撮らせてもらえない中で、だけど特撮映画を撮らせてもらえるってことで頑張っちゃってて。話が異様に暗いっていうか。敵がデスパーっていうんだけど、デスパーたちに家族を殺されてしまって、いつか復讐してやろうっていう女性と男性がいて」

「そのカップルが貧乏アパートに暮らしてるんだけど、女性が『もうコツコツやってる場合じゃない…私、デスパーに入る』って言って。男性は『お前、アタマ大丈夫か?』って言うんだけど、スナイパーになって、デスパーの中で偉くなってデスパーの首領のすぐ側までいける立場になって、そいつを裏切って倒すっていう計画を立てるの」

「それで、そのデスパーに『私は腕が立って、有能なスナイパーです』ってことをアピールするために、まず、そのデスパーに楯突いてる恋人を撃つところから始まるの(笑)恋人を狙撃するところから始まるんだけど、それ、子供的にはキツくない?(笑)」

「その後、イナズマンも撃とうとする。その計画を任されて、最終的にはイナズマンを追い詰めたところで、デスパー一味に『お前の目論みなど全て分かっていた。利用していただけだ』って言われて、酷い目にあわされるんだけど、最後には、そのスナイパーが死ぬ寸前で撃った銃弾でイナズマンを助ける、みたいなストーリーなの。これが多分、一番明るいヤツで(笑)」

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力