山里亮太、ピン芸人時代の迷走期を語る「それに比べてR-1ファイナリストは凄い」

2014.03.06 (Thu)
2014年03月05日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ピン芸人時代、「イタリア人」と名乗り、迷走した芸を行っていたことについて語っていた。

たりないふたり-山里亮太と若林正恭
たりないふたり-山里亮太と若林正恭【初回限定版】 [DVD]

山里亮太:どうも~イタリア人で~す!(タンバリンを叩きながら)いぇい!食べ放題のパンを食べ過ぎると、厨房で悪口言われるぜ!チャオ!…グラッツェ。

…ということでございまして。お届けしたのは、山里亮太・ピン芸人時代、「イタリア人」の代表ネタ、タンバリンを叩きながらの「レストランでの立ち振る舞い」というネタですね。

これがですね、ベースよしもとでですね、3分間、誰も呼吸すらしなかった。これ逆に言えば、グランブルーになれるんじゃないかって。あんだけの人数が、エンドになれたっていう、伝説のネタですね。山里、迷走期ね。

これで皆さんに何を伝えたいか、山里面白いだろなんてことを伝えようなんて気は、さらさらございませんよ。「いかに先日のR-1の人達が凄かったか」これです。

今のネタを見て下さいよ。「イタリア人」時代の俺が、迷走期、本当に今みたいなネタもあるし、あと、日本人形と漫才をするっていう時代もありまして。それも、日本人形と漫才している最中に…日本人形がボケなんですよ。それにツッコむんですよ。胸元にツッコミを入れるんですけど、それで「はっ!」ってドキドキして、オチ前にディープキスをしてしまうという(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論