伊集院光、イジリー岡田がホリプロスカウトキャラバン出場者の前で「高速ペロペロ」をしていたと明かす「タレントとの初絡み(笑)」

2017.10.31 (Tue)
2017年10月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ホリプロタレントスカウトキャラバンの最終審査の場で、イジリー岡田が登場して「高速ペロペロ」をしていたと明かしていた。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1

伊集院光:グランプリが僕の中では、武田修宏さん(伊集院光、武田修宏の意外過ぎる真面目な姿を明かす「解説者になる前に自費でアナウンススクールに通う」)ですよ(笑)準グランプリは途中でコーナー司会をやったイジリー岡田さんですよね(笑)

10代、一番若い子13~4くらいの女の子から、22くらいの男子までいるんですけど。今回は、男子も女子もいましたから。それで、バラエティコーナーをやるのに紹介されて。当然、高速でペロペロしながらやってきますよ(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力

爆笑問題・田中、イジリー岡田の結婚を伝える生島ヒロシのトークに驚く「テキトーなことを言って(笑)」

2016.07.20 (Wed)
2016年7月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が、タレント・イジリー岡田の結婚を伝える生島ヒロシのトークについて、「テキトーなことを言って(笑)」などと驚いてしまったと明かしていた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

田中裕二:(イジリー岡田が)凄い純愛を成就した、みたいな記事になってましたよ。

太田光:「イジリー、純愛」って言われても。

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:よく分かんねぇな(笑)何なんだよ。仕事、なんだよっていう(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)

田中裕二:今朝、たまたま生島(ヒロシ)さんのラジオでね、記事を見てるみたいで。「イジリー、結婚ですね。高速ベロ、ね。結婚」って。

太田光:高速ベロ?(笑)

田中裕二:書いてあるんでしょ、なんかね(笑)「高速、舌出し。いいですね。高速ベロ出しっていうのは、健康に良いんですよ。私もやってるんですけどね」って(笑)

太田光:関係ないよ(笑)健康のためにやってるわけじゃないから(笑)

田中裕二:「ベロベロ、ベロベロ」ってやってんだよ、生島さん(笑)「これ、いいんですよ。凄い。体にいいんですよ」なんつって。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

爆笑問題・太田、イジリー岡田が純愛の末に結婚したことに苦笑「仕事とのギャップが大き過ぎる」

2016.07.20 (Wed)
2016年7月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、タレント・イジリー岡田が純愛の末に14歳下のネイリストと結婚したことについて、「仕事とのギャップが大き過ぎる」などと苦笑していた。

JUNK 爆笑問題カーボーイ
JUNK 爆笑問題カーボーイ [DVD]
Happinet 2010-11-04

Amazonで詳しく見る

田中裕二:小島よしおね、結婚。イジリー岡田もだって。

太田光:え?イジリー岡田(笑)はっはっはっ(笑)

田中裕二:凄いね(笑)

太田光:イジリー、結婚すんの?(笑)

田中裕二:イジリー、結婚(笑)

太田光:よくカミさん、それ決心したね。イジリーと結婚なんて。

田中裕二:ねぇ。凄いよ。

太田光:誰と結婚したの?

田中裕二:一般の人だと思いますよ。

太田光:一般の人、イジリーと結婚する?

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:普通、一般の人がイジリーと結婚する?

田中裕二:いや、するでしょ。そりゃ。

太田光:ええ?!一番結婚したくないタイプの。

田中裕二:チラッと、スポーツ新聞レベルの話ですけど、なんかね、イジリーは純愛で…

太田光:純愛ってさ(笑)

田中裕二:30回くらいデートしても、告白できなかったらしい(笑)

太田光:どういう(笑)

田中裕二:はっはっはっ(笑)

太田光:お前、仕事とのギャップが大き過ぎるだろ(笑)

田中裕二:ねぇ。ギャップがデカ過ぎるんですよ。

太田光:ああ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ

イジリー岡田、乃木坂46メンバーは高速ベロに既に慣れてしまっていると明かす「『ベロが速くて綺麗』と言われる」

2015.09.01 (Tue)
2015年8月29日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・イジリー岡田が、日本テレビ系の『NOGIBINGO!』で乃木坂46と共演している中で、既にイジリー岡田の「高速ベロ」に慣れた乃木坂46メンバーは、「ベロが速くて綺麗ですね」などと言っていると明かしていた。

NOGIBINGO!3 Blu-ray BOX(本編DISC2枚 + 特典DISC2枚)

若林正恭:俺、『未来ロケット』って番組で…

イジリー岡田:あ、お世話になりました。

若林正恭:その番組で、イジリーさんが、大人の女性にインタビューするって。一般の人とか、グラビアであんまり鳴かず飛ばずの人とかと絡みって正直、難しいじゃないですか。

イジリー岡田:12人くらい。

若林正恭:正直、イロハも全然分かってない人たちなんですよ。

春日俊彰:まあ、それはそうなんだろうね。

若林正恭:そう、難しい。それで改めてモニタリングしてて、イジリーさんってすげぇなって思ったんですよ。持って行き方とか。腕が。

イジリー岡田:腕が?嬉しいな。

若林正恭:後輩から言うのも生意気ですけど。それで、乃木坂の番組(『NOGIBINGO!』)とか観てても。それで俺、芸人としてよりも先に、エ口として観られちゃうのって、そこで「評価されたいな」っていうのないのかなって思ったんですよね。凄いから。

イジリー岡田:ああ。

若林正恭:凄いから。評価をグイグイもらう人もいるわけじゃないですか。芸人のタイプによって。

イジリー岡田:ふふ(笑)

若林正恭:言いにくいですけど。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

イジリー岡田、『アメトーーク』で再ブレイクの高速ベロ封印を思いとどめさせてくれた恩人・出川哲朗「続けた方が良い」

2015.09.01 (Tue)
2015年8月29日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・イジリー岡田が、下ネタや高速ベロなどのネタを一度は封印しようと思っていたが、出川哲朗に「続けた方が良い」とアドバイスを受け、封印せずに済んだと語っていた。

笑いの神に愛された男たち [DVD]

若林正恭:ペットボトルを舐めるとか、部屋に入って行って…とか、イジリーさんから始まったってところあるじゃないですか。

イジリー岡田:あ、多分、その前にお2人いるんですよ。

若林正恭:あ、そうなんですか。

イジリー岡田:(片岡)鶴太郎師匠。寝起きの元祖は鶴太郎師匠じゃないですかね。

春日俊彰:でも、我々が体験したのは、イジリーさんですね。

イジリー岡田:ああ、世代的に?

春日俊彰:世代的に。

若林正恭:でも、イメージが先行しちゃってて。(『ギルガメッシュNIGHT』の影響で)エ口だって風に見られるのは見られるじゃないですか。色んな番組で呼ばれて。

イジリー岡田:うん、見られる。

若林正恭:その時、「いやいや…」って思いはないんですか?(注釈:イジリー岡田は、萩本欽一に憧れて芸人となっており、下ネタが苦手である)

イジリー岡田:ああ、もう今はないんだけど、『アメトーーク!』で、初めてアイドルの楽屋に行ってっていう。おかげ様で、何年か前に出た時に、名物コーナーになりっていうのがあるんですけど。

若林正恭:はい。

イジリー岡田:でも、その時も自分の中では、「これはダメだ」と。ベロとか下ネタのイメージだと、仕事も少なくなるし、『アメトーーク!』さんに呼んでいただいて、アイドルの物を舐めた後に、「一回封印しよう」と思ったんです。

春日俊彰:へぇ。

イジリー岡田:それで、悩んでる時期があって。それで、メイク室で出川さんとたまたま2人になったんです。

若林正恭:へぇ。

イジリー岡田:それで、出川さんが「イジリー君、この間の『アメトーーク!』観たよ。超面白かった」って言われた時に、「でも、出川さん、僕は芸風的にベロはちょっとやめていこうと思うんですよ」って。

若林正恭:ふふ(笑)

イジリー岡田:「え?なんで?」って。「ちょっと僕は、正統派のお笑いをやっていきたいって気持ちがあったんで」と。

若林正恭:そういう思いはずっとあるんですよね?
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

イジリー岡田、『ギルガメ』突然の降板と8ヶ月後に復活の舞台裏「レギュラー陣の不仲で、飯島愛に『帰ってきて』と」

2015.08.31 (Mon)
2015年8月29日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・イジリー岡田が、テレビ東京系の番組『ギルガメッシュNIGHT(番組内では『ギルガメッシュないと』と表記)』(1991年10月5日-1998年3月28日放送)で、番組開始時からレギュラーであったが、3年後に突然降板を言い渡され、8ヶ月後に復帰した舞台裏について語っていた。

イジリー岡田 神の舌アクションカード&ペロペロが上手くなる飴セット ペロペロ練習飴とペロペロカード

若林正恭:『ギルガメ』が6年半ですか。

イジリー岡田:6年半。

若林正恭:じゃあ、俺らちょうどガッツリ中高生だな。

春日俊彰:一番の思春期の頃よ。

イジリー岡田:1991年から、97年で。

若林正恭:13歳から高3まで。

イジリー岡田:はっはっはっ(笑)良いところだね(笑)

春日俊彰:直撃世代ですよ。

若林正恭:春日の家に泊まりに行って、一階のリビングで観てたもんね。

イジリー岡田:ふふ(笑)

春日俊彰:イジリー世代ですよ、我々は。

イジリー岡田:良いね(笑)

若林正恭:それで、8ヶ月でしたっけ?(『ギルガメッシュNIGHT』内で)空白の期間があったっていう。

春日俊彰:そうなんです。『イジリー・春日の美人妻いただきます』のロケの時に聴けなかった話ですけど。

イジリー岡田:これ、みんな気づいてないですよね。

若林正恭:8ヶ月いないって…

イジリー岡田:結構、長いこといない時期があるっていうのは、みんな結構知らない。

春日俊彰:覚えてないですね。

若林正恭:どういうことだったんですか?

コーナー「ギルガメ治療院」

イジリー岡田:これは…ある時に、私、「ギルガメ治療院」っていうのやってたんですね。

若林正恭:はい。

イジリー岡田:僕が、ギルガメ治療院の医院長、白衣を着ている。それで、ジェフ古川さんっていう、本当にツボの先生が横にいて、その人がアシスタントで。

春日俊彰:はい。

イジリー岡田:私がギルガメ治療院で、毎回、セクシー女優さんをゲストにお呼びするんだけど、「今日の患者さん、おいで」って言って、問診をするわけですね。「お名前は?」「バスト、ヒップは何 cmなの?何カップなの?」って。「今日は、どうしたの?」「腰が凄く痛いんです」「え?そんなに腰が痛いの?じゃあ、君がどれくらい腰を使ってたのか見てみよう」って、AVを20 秒くらい流すんですよ。

春日俊彰:はっはっはっ(笑)素晴らしい(笑)

イジリー岡田:20秒AVが流れた後に、みんなが頑張って昇天しようとしてるときに、俺の顔でってことになっちゃうわけ。俺の顔でVTRが帰るわけで。

春日俊彰:ありましたねぇ(笑)

イジリー岡田:「こんなに腰を動かしてるんだったら、痛いわ。じゃあ、治療しよう」って言って、「じゃあ、脱いで」って言って、シルエット越しにパンツ一丁になって。ブラもとって、CM明けは裸で出てくるっていうのをやってて。

若林正恭:へぇ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN

イジリー岡田、ナイナイ岡村隆史との初対面で嬉しかった一言「あ、ドゥルゥルゥの方ですよね?」

2015.08.31 (Mon)
2015年8月29日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・イジリー岡田が、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史に初対面で言われて嬉しかった一言について語っていた。

イジリー岡田は、元々コンビ・キッドカットとして活動しており、コントなどのネタをやっていたのだという。ところが、今やその当時を知る者も少なくなっている。その中で、コンビ時代のことを岡村は知っており、初対面で「あ、ドゥルゥルゥの方ですよね?」と、ネタについて触れてくれたことが嬉しかったのだ、とイジリーは語っていた。

イジリー岡田 神の舌アクションカード&ペロペロが上手くなる飴セット ペロペロ練習飴とペロペロカード

若林正恭:イジリー(岡田)さんは元々コンビで、ネタ芸人で。ラ・ママに出てたっていう。

イジリー岡田:うん。

若林正恭:僕らも、リーダー(渡辺正行)にラ・ママ出させてもらってから、ようやくちょっと先が見えたってくらい、しんどかった時期、リーダーにお世話になってて。

イジリー岡田:ああ、そう。

若林正恭:それで、爆笑問題さんと一緒に(舞台に)立ってたっていう。

イジリー岡田:立ってたんですよ。

若林正恭:ウンナンさんとかもいましたか?

イジリー岡田:ウンナンさんがもう、売れて。ウンナンさんは売れてネタはできないけど、最後の…ラ・ママ終わったら、ちょっとした打ち上げみたいなんがあって、そこに間に合ったら来ますよっていう。

若林正恭:へぇ。

イジリー岡田:それで、僕らが最初に出た時に、アレって1本ネタとコーラスラインっていうのがあって。

若林正恭:ああ、当時からそうだったんですね。

イジリー岡田:1本ネタは、ガッツリネタが出来て。コーラスラインっていうのは、お客さんが札を挙げて、「つまんない」って5人挙げたら終わり、みたいな。

若林正恭:当時から一緒だったんですね。

イジリー岡田:僕らが最初、1本ネタで出れて。それで、内村さんがいらっしゃって。いつも、リーダーから渡すのか分からないですけど、「今日のギャラ」って、封筒に入ってるんですよ。

若林正恭:はい。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN