南キャン山里、峰なゆかの『アウト×デラックス』での指摘に「ファンに手を出してたら面白くない」

2014.07.17 (Thu)
2014年7月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、元セクシー女優で漫画家の峰なゆかに「非モテキャラを演じている」と、フジテレビ系の番組『アウト×デラックス』で指摘された件について語っていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]

『アウト×デラックス』では、峰に以前、ラジオ番組(TOKYO FM『よんぱち 48 HOURS』)で、「芸能人がモテないわけないじゃないですか。ファンとヤっちゃえば良いんじゃないですか」と言われたことを議題にしていた。そのラジオ番組では、「モテない山里に、峰がどうしたらモテるかを教える」という企画だったが、その前提を最初からひっくり返す発言だったため、山里は慌てて、空回りしてしまったそうだ。

同番組では、この一件について語られていたが、峰は「ファンに手を出すことと、モテることって、どう違うんですか?ファンに手を出してしまえば良いんじゃないですか?」とさらに追い打ちをかけるようなことを言っていた。

このことに関して山里は、「僕らの武器…モテないって話で笑ってもらえてるわけじゃん。実際、本当にモテてない時のエピソードを言ってるし。本当にモテなかったの。でもそれは、『ファンとヤってます』ってことがあったら、俺のする話は、1つも面白くないわけじゃない」と、峰のような指摘で、面白く思ってもらえていた話芸が、まるっきり根底を崩され、面白くないものになってしまう、と語っていた。

さらに、「笑いにくくなったりするってことを、お笑いの先輩とかがやるんだったら、それは『ちょっと!』ってなるけど。別に俺は、その人(峰なゆか)の作品を『全然面白くないですね』とか言ってたら、まだ我慢できるけど。でも、俺は別に漫画のことを全然バカにしてないよ」と語り、先輩芸人たちが愛のあるフォロー込みでイジるようであれば良いが、まるっきりお笑いと無関係な人物がそのような愛の無い発言をすることは異なる、と語っていた。

このように、門外漢であるタレントでもない著名人が同様のことを行うことに、「最近、多くない?芸人さんに色んなことで、興冷めするようなことをやってくる人。そりゃあ、自分の本業の方で成功してるから、戻るところあるから良いんでしょうけど」と皮肉めいた発言で批判を行っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論

南キャン・山里亮太「アメトーークを凌駕し始めたアウト×デラックス」

2013.05.30 (Thu)
2013年05月29日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、『アウト×デラックス』の視聴率について語られていた。たりないふたり-山里亮太と若林正恭【初回限定版】 [DVD]

山里亮太「スゲェなって思ったことがあって。今ね、『アウト×デラックス』って番組に出させてもらってて。凄い人気なのよ、『アウト×デラックス』」

「ついに、同じ時間帯でやってる大横綱『アメトーーク』さんに、視聴率で勝ったんだよね、今回。すごいのよ。これって、快挙よ。ただね、その一個だけ俺思うところがあって」

「その回って、初めて『アメトーーク』さんに勝った回の『アウト×デラックス』、僕もレギュラーで出させてもらってますけど…俺、一言も喋ってないんですよ。うん…」

「頷いてたりとか、するくらいしかお役に立ててなくて。そういうときに数字が凄いってことになると、大人が気づいちゃうじゃない。『あれ?山里要らないんじゃないの?』って。怖いのよ、怖いの…危ない、浅野温子憑依するところだったね、101回目のプロポーズの(笑)」

「正直ね、このアウト軍団って凄いのよ。声が高過ぎる男とか、仕事をしたくない俳優とか、ドラクエをやりすぎて腱鞘炎になった女優とか。滑舌が悪すぎる、後輩に嫉妬しすぎるモノマネ女芸人(ミラクルひかる)とか。ちょっと前は、ジャッキー・チェンの声が聞こえるとかね、色んなアウトな方々がいるわけ。上地雄輔さんのあこがれすぎている男とかね。もうね、とんでもないの」
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論