加藤浩次 「業界人との付き合い方」

2009.09.26 (Sat)
アイルトン・セナに捧ぐ~アイルトン・セナ・オフィシャル・トリビュート・アルバム2009年09月25日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、業界人との不思議な関係について語られていた。「芸能界にいると、色んな人との付き合いがある。色んな人に会わなければならないことがある。中には、『この人誰なんだろう?』っていう人もいる」と話していた。

「日テレの喫煙所でね、毎朝会うオッサンがいるの。伸びた角刈りで、年齢は55歳くらい。石原軍団の大門が掛けているようなサングラス、コンビニ袋にカフェオレとオニギリ一個が入っている。その人に、思いっきり上から喋り掛けられる」

「もしかしたら、偉い人かもしれないって思って、一応は礼儀正しくしようと思った。それで、その人がね、『どうなの?最近、調子良いの?』って言ってきて。俺はボチボチですって言った。オッサンは『スッキリとか、ガッチリマンデーはどう?あれは、面白いね。良い番組だよ。加藤くん、ああいうのをもっとやった方が良いよ』って言うの」

「その間も、この人誰なんだろうか?って思っているんだけどね。それで、その人が『最近は、F1くらいしか観ないな』って言うんだ。俺、F1とか全然知らないけど、話を合わせなきゃって思って。『そうですか~マンセルとセナの時代が一番よかったんじゃないですか?』って、頭の中の知識を絞り出して言って」

「そうしたら、『やっぱり、分かってるね~』って言って。そこから、バンバンF1の話をし出した。でも、聞いてるのも面倒くさくなってきちゃった。知らないし」

そこから、テキトーな加藤の一言が、以下のような展開をもたらしたそうだ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂