おぎやはぎ矢作、ゆってぃが営業で全く人を呼べていない状況に店側やイベンターに対して同情「何のためにカネ払ったんだって」

2019.05.10 (Fri)
2019年5月9日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、ゆってぃが営業で全く人を呼べていない状況に店側やイベンターに対して同情していた。



矢作兼:「大人気芸人ゆってぃ、サイン会ぼっち写真が話題」ってね。

小木博明:うん。

矢作兼:前、ちょっとネットで話題になったのがさ、ジョイマン。ジョイマンが全然人が来ないっていうのがあったじゃん。それに近いんだけど。

小木博明:うん。

矢作兼:ゆってぃがパチンコ屋の営業だね、そこでサイン会してるんだけど、そこにパネルも写真が貼ってあってさ。

小木博明:うん。

矢作兼:「大人気芸人ゆってぃさん」って書いてあんのよ。

小木博明:うん、そうね。

矢作兼:で、そこに椅子が並べてあって、サイン会なんだけど「誰も並んでない」っていう寂しい写真が。まぁ、本人はギャグで上げてんだけどさ。

小木博明:うん。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき

ナイツ塙、我が家・杉山が酔って先輩・ゆってぃに「ケチくせぇな、お前!」などと暴言を吐いていたと暴露「許せないですね」

2018.10.19 (Fri)
2018年10月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週木 11:30-13:00)にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、我が家の杉山裕之が酔って、先輩・ゆってぃに「ケチくせぇな、お前!」などと暴言を吐いていたと暴露していた。




塙宣之:焼肉とかねぇ、そういったところ行った時にね、先輩って後輩におごらなきゃいけないじゃないですか。

清水ミチコ:そうだね。

塙宣之:ゆってぃさんが、我が家の杉山と食事行って、4人ぐらい行った時に、ちょっとだけお金足りなかったらしいんですよ。

土屋伸之:はい。

塙宣之:「ごめん、ちょっと杉山出してくれねぇか?」って言ったら、ベロベロになった杉山が「ケチくせぇな、お前!」って(笑)

清水ミチコ:杉山君(笑)

土屋伸之:最悪だよ(笑)

清水ミチコ:かばいきれないよ、杉山君(笑)
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイツのちゃきちゃき大放送

アンタッチャブル・山崎「ゆってぃを見て恥ずかしくなる」

2010.03.07 (Sun)
2010年03月04月放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にて、ゆってぃがピン芸人となったことについて語られていた。ゆってぃは元々、グーニーズというトリオでコンビを組んでいた。その際、『とーどーゆーた』という芸名で活動を行っていた。

山崎が「ゆってぃの家族は、ゆってぃ(の芸能活動)をどう思っているの?」と訊くと、ゆってぃは「恥ずかしいと思っているみたいです」と話していた。

ゆってぃはさらに、「僕はもともとコンビでツッコミをやっていて、あまり(ボケやギャグなどの)恥ずかしいことをやっていたワケじゃないんです。コントをやったりとか、立ち位置としては常識側にいたんですよ。間違っている人を、ツッコミで直す、っていうことをやっていた。だから恥ずかしくはなかったと思うんです」と話していた。

それが、ピン芸人の"ゆってぃ"名義で活動を開始すると、変わっていったそうだ。その様子について、山崎は以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ

アンタ・山崎「これからの若手芸人は、吉本に行くべき」

2010.02.07 (Sun)
2010年02月04日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」は、柴田英嗣の無期限休業に伴い、ゆってぃがピンチヒッターで登場していた。そこで、最近の若手芸人の動向について語られていた。

話の発端は、「スクールJCAの授業について」という内容のネタメールがリスナーから届いたことだった。山崎は「スクールJCAの授業のことを知っているんだ」と驚いた様子であった。

スクールJCAとは、東京初のお笑い専門学校である。3期生(1994年入学)にはアンタッチャブルがおり、ゆってぃは4期生(1995年入学)である。ゆってぃの同期には、北陽がいる。

山崎は「俺とゆってぃは、年齢も芸歴も一年しか違わない。だから、学校で習っていたことはあまり変わらないんだよね。今でも、同じ様な授業をやっているのかなぁ」と話していた。

これを受けて、ゆってぃは「僕らの頃は、月水金曜日に授業があったじゃないですか。それが、2クラスになったんです。月水金クラスと、火木土クラスに分けられたんです。人数が増えたんです。それこそ、アンタッチャブルさんが出てきて一気に増えたんですよ」と話していた。

さらに、以下のように語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ

ビーグル38・能勢「相方・加藤にムカついたこと」

2009.08.08 (Sat)
リチャードホール 永久保存版 下衆ヤバ夫コレクション くりぃむしちゅー×アンタッチャブル [DVD]2009年08月06日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にて、『アンタッチャブルのシカゴマンゴ"他力本願"ライブ2009』に出演する、ゆってぃとビーグル38がゲスト出演していた。

ゲスト出演時の始めは『高齢者漫才』のスタイルそのままであり、ボソボソと話す加藤統士に、ツッコミ(と翻訳家)を行う能勢浩、といった感じでトークを行っていた。だが、さすがに途中で限界になり、『喋りたい。喋りたい』と加藤が能勢に耳打ちして(実際、2回だったそうだ)、普通に話すことになった。

そうしたことで、ようやく普通に話せることになった二人。「お願いします~!やっと喋れる~!」と、かなりの声量で加藤は話していた。能勢は「ライブでも、あのまま高齢者漫才の設定のままで話していたまし。それくらいだったら何とかなりますが、ラジオとなると…」と、限界であったことを明らかにしていた。

アンタッチャブル山崎は「(改名前から爆笑オンエアバトルなどで一緒になり)二人のことを知っていたよ。知ってたけど、元気に楽屋で挨拶されると、『うん?うん…おはよう』って感じになっちゃうんだよね。『ああ、普通に喋れるんだ…』みたいな」と、その印象の違いについて話していた。

やはり、普通に話すことがキャラクター上できない二人は、さらに以下のように話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ

アンタッチャブル山崎 「ゆってぃは、芸歴に細かい」

2009.08.08 (Sat)
ゆってぃ ちっちゃい事は気にするな ~ワカチコTOUR2009~ [DVD]2009年08月06日放送の「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にて、『アンタッチャブルのシカゴマンゴ"他力本願"ライブ2009』に出演する、ゆってぃとビーグル38がゲスト出演していた。

ビーグル38が「1997年のデビューですから、芸歴13年目です」と話をしていたところ、ゆってぃは「僕も芸歴13年目です」と話していた。ところが、アンタッチャブルはそれを否定し、「お前、15年目だろ」と訂正されていた。

実際、東京初のお笑い専門学校である「スクールJCA」に、ゆってぃ、アンタッチャブルは入学・卒業している。3期生(1994年入学)にはアンタッチャブルがおり、ゆってぃは4期生(1995年入学)である。ゆってぃの同期には、北陽がいる。

アンタッチャブルは、「俺らと1年しか違わないのに、なんで13年目なんだよ」と追求していた。だが、ゆってぃは「13年目です」となおも否定しようとしていた。

「♪ちっちゃいことは~気にしない~」などとネタでは言っているが、実は芸歴に関しては多少のこだわりがあるようだ。そのこだわりについて、以下のように話していた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アンタッチャブルのシカゴマンゴ