山里亮太、『おはスタ』でバカにされた企画に憤慨して揉めた事件の真相に驚く「プロデューサーが『やれ』」

2016.05.26 (Thu)
2016年5月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、テレビ東京系の番組『おはスタ』でバカにされた企画に憤慨し、揉めたという事件の真相を声優・山寺宏一から聞いたと明かしていた。

もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─
もっとたりないふたり ─山里亮太と若林正恭─ 5枚組(本編4枚+特典1枚) [DVD]
バップ 2014-08-22

Amazonで詳しく見る


山里亮太:(山寺宏一と瀬戸康史との飲み会で)思い出話を色々して。そこで「ああ、そうだったんだ」って思うことがあって。

一回、揉めたっていうか、変な感じになった時があって。ある回でね、台本上で僕がカンペばっかり見てるっていうのを、ちょっとバカにするような時があったの。

カンペをバーって遠くにズラしちゃったりしたら、そっち見てて、全然カメラ向いてないっていう遊びをする回があって。

「僕がカンペを見てしまったのはしょうがないけど、それをそうやってバカにするって、何なんですか?」っていうのを、言っちゃったんだよね。天狗だったんだよね、その時、俺。

言っちゃったのよ、マネージャーさんに。「ヒドくないですか?」って。「ダメですよ、本当は覚えてなきゃいけないけど、カンペを追っちゃうんですよ。傷ついてます」っていうことを、天狗だったから。

本当にあんのよ、そういうのが。大体、スタッフさんに対してそういうことをやっちゃうのは、本当に天狗の中期の症状。「何なんですか?これ」とか、「説明してくださいよ」って言い出したら、終わり。これはもう、天狗中期。

もう、こっからは雪崩れ込まずに行っちゃうのよ。危ない。言っちゃったんだよね、その時ね。もう、シェフのワサビとかにも、「シェフ、見えないっすね。ワサビだけで食べて、面白いですか?」って、言っちゃう勢いよ。もし俺が天狗さんだったらよ。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論