伊集院光が語る「漫画『あぶさん』突然終了の謎」

2013.12.24 (Tue)
2013年12月23日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、水島新司の野球漫画『あぶさん』が突然、終了するという宣言について語っていた。

あぶさん 105
あぶさん 105 (ビッグコミックス)

『あぶさん』のストーリー

伊集院光:『あぶさん』が終わるね。僕が初めて読んだのは、小学校の低学年の頃に行った歯医者で、待合室に『あぶさん』の割りとはじめの頃のヤツがあって。

子供向けの漫画にはルビが振ってあるけど、ビッグコミックオリジナルの漫画だから、ルビが無くて。影浦って字が読めない。読めないから、『この記号は"かげうら"なんだな』って思ってて。

『あぶさん』は40年くらいやってると思うんですけど、良くも悪くも、止めどころを完全に失ってたな、と思うんです。最初の内の『あぶさん』は、まぁ暗い話なんです。当時、今みたいにパ・リーグは人気ありませんから、パ・リーグのしかも南海ホークスって大阪のチームで、弱いチームじゃないけど、阪神タイガースに比べたら、南海ホークスって小さい存在で、あんまり有名じゃないところで。

南海ホークスに、酒飲みの代打がいるって地味な話で。今思うと、小学校低学年の頃から読んでるけど、一話読み切りに出てくる、主人公は景浦安武じゃん。そのストーリーの回のメインみたいなのが、大阪のスナックにワケありのホステスがいて。ブスなホステスがいて(笑)

その子は、他の子にくらべて、全然売れっ子じゃなくて、ブサイクなホステスなんだけど、景浦安武も他のチームの選手にそのスナックに連れてきてもらって、隣にそのブサイクなホステスが座って、「あんたのこと知らないけど、後に凄い選手になるかも知れないから、サインちょうだいよ」って言われて。

景浦安武は、そんな不人気なパ・リーグの、代打でたまに出る人だから、知らないわけよ。サインもほぼしたことないわけ。緊張して書くから、影の字が上手く書けなくて「日京って名前なの?」って言われたりして。それをグジャグジャって書きなおしてサインしてあげたら、そのブサイクなホステスは、別の野球通の客に5,000円で売るようになるんですよ。

スナックに行くと、必ずその子にあたって、サインを書くと何故かジンクスで、ヒットが出るっていう話があって。でも、最終的に『あぶさん』に惚れてしまったその子は、サインを横流ししなかったの。小遣い稼ぎで他の酔っぱらいに売ってたんだけど、売らなかった。それを抱きしめて持って帰った日に、景浦のジンクスが止まる、みたいな(笑)全く小学生向けの要素のない(笑)

大阪の飲み屋街で捨て子を拾った話とか、そんなんだよ。今の『あぶさん』みたいな、明るい話は全くないんだよ(笑)

凄いホームランも打つけど、「アンダースローが苦手」みたいな回があって。打てないときは、全く打てなくて。多分、2割6分で、年間ホームラン3~4本、みたいな。当時の日本記録が6本だから、3~4本でも凄いんだけど、凄いムラがあるバッターで。あぶさんが、「どれくらい体力があるのか」って試してみるんだけど、日本海育ちだから、プールで10 Km泳いでみようって思って泳ぐと、意識朦朧となって、その時にいつも試合中に掛けられる観客の声がどんどん頭の中に蘇ってくるシーンがあって、「飲兵衛バカ野郎!」「やめちまえ!」みたいなヤツと闘いながら、あぶさんは泳ぎ続ける、みたいな(笑)全然、小学生向けじゃないの。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力