土田晃之、号泣したアニメ『あの花』の実写化に期待するも不安「全11話の作品を2時間に…」

2015.09.21 (Mon)
2015年9月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(毎週日 12:00-14:00)にて、お笑い芸人・土田晃之が、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が実写化されるということで、期待するも不安を感じていると語っていた。

劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(通常版) [DVD]

土田晃之:やっぱり、個人的に気になるのが、明日ですか。月曜日。ね、フジテレビ系でやる『あの花』のドラマですね。実写版ということで。

これはかなり有名な作品で。別にアニメ好きじゃない人も観ているということで。僕は言っておきますけど、アニメ好きじゃないんですよ。世間的にはちょっとオタクっぽく思われてて。家電とかアニメ全般詳しいとか思われてるんですけど、実は僕、何も知らないんですよ。

ガンダムとかくらい、俺らが子供の頃に観ていた作品は、覚えてるってことくらいで、大人になってから観たりしないんですけど。そのいつもフットサルをやってるメンバーの中に、本当にアニメ大好きな、やさしい雨の松崎君って子がいて。

その子は、本当のアキバ系の子で。二次元にしか恋できないんですよ。三次元は、本当に女性とか全く興味ないんですよ。嫁ファイルっていうのを持ってて、今、「嫁ファイル3」っていうのをヤツはバッグの中に入れてるんですけど。

ヤツの奥さん、3人入ってるんですよ。絵なんですけどね。凄い温和な子なんですけど、居酒屋とかで「おい、松崎。嫁見せてくれや。今日、連れてきてる?」って言ったら、「もちろん、連れてきてます」って。「紹介します」って、紹介されて、そのファイルを思いっきり店のところに投げたりすると、その時だけ激怒するっていう。

奥さんですからね(笑)それは当然なんですけど。その松崎君の勧めもあって、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』みたいなのがあって、それ面白いですよって。たまたま数年前、フジテレビに深夜、まとめて放送してたんですよ。3日くらいに分けて。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  土田晃之 日曜のへそ

明石家さんま、『あの花』声優の早見沙織の母親と昔に会っていた「一緒にテニスを」

2014.08.04 (Mon)
2014年8月2日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の鶴見知利子役である声優・早見沙織の母親と昔に会っていた、と明かしていた。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Kindle版 1巻


フジテレビ系の番組『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』で、さんまが理想の女性を挙げる名物コーナーで、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のつるこを7位にランクインさせていた。

そこで今回、このコーナーのために声優・早見沙織がセリフを録り下ろし、登場していた。その後、知らされたことのようだが、さんまは実は、早見沙織の母親と25~6年前に会っていたのだという。

「さんまさんとテニスやらせていただいたんですが、覚えてらっしゃいますかね」と番組スタッフに告げていたというが、さんまは「そんなのは、全く覚えてなくて。俺達とテニスやるくらいやから、よっぽど上手かったと思うんですけどね」と、残念ながら覚えていないと語っていた。
トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日