TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 南キャン・山里「青木裕子アナにされたヒドイ仕打ち」

南キャン・山里「青木裕子アナにされたヒドイ仕打ち」

2010.04.08 (Thu)
2010年04月07日放送の「山里亮太の不毛な議論」にて、TBSの青木裕子アナと共演した際、ヒドイ仕打ちをされたことを明らかにしていた。山里は「僕は、不遇な扱いを受けた場合、親の命がとられたかってくらい悪口を言ってましたよ。あと、本人には分からないようなひどいニックネームを付けて、本人の前でその人の悪口を言ってましたよ」

「でも、ラジオ番組が始まって嬉しいですからね、そういったことも許せるようになりましたよ。…さまぁ~ずさんの番組でね、アシスタントに青木裕子アナがいたんですよ。その番組で、僕と(ブラックマヨネーズ)小杉さんがゲストで行くことになったんです」

「僕は早めに入って、楽屋でその青木アナと一緒になったんです。でも、一言も喋らないですよ。挨拶もしてくれなかったし。自分のことを相当お綺麗だと思われているんでしょうね、ずっと鏡の方を見ていたんですよ」

「つまんなそうに、ずっと爪を見ているの。でも、他のスタッフさんとかが来た場合、『私って、可愛いと思いません?』みたいなことを、ご機嫌で喋っているワケ。それで、俺がスタッフさんと話していると、急にそのスタッフさんに話しかけて、会話を止めたりするの」と話していた。

さらに、山里は以下のように語っていた。

「100%、俺のことがキライじゃん。でも、そんなこと言えないし、我慢していたんです。そんな中、小杉さんが来たら、『おはようございます~スゴイ退屈していたんです』って言いやがって。『小杉さんのこと、待ってたんです~』とかって言うの。ふざけるなって感じですよ」

「キライならキライで良いけど、そんなに露骨に言うなよってことですよ。ネットで、青木裕子アナのゴシップを探しまくって、家でずっと音読してやりましたよ。彼氏とSEX何回やったとかね。それで何とか心の平穏を取り戻していたんです」

「そんなヤサグレていた俺が、ラジオ番組に出会って、変わりましたよ。俺のことがキライなんですね。こんな醜い男ですみません。何の面白味もない男で。青木アナとの楽屋での時間を楽しくできませんでしたがね…ここまでで止められるようになりましたよ」と語っていた。

【関連記事】
ナイナイが語る 「南キャン・山里の気持ち悪さ」

加藤浩次 「南キャン・山里亮太が気持ち悪いワケ」

ナイナイ・岡村絶賛 「南キャン・山里亮太の司会」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:爆笑問題・田中「ネプ・堀内健がタモリにキレた一言」

前の記事:TBSラジオ・深夜放送の今期における変更点

本日の注目記事