TOPたまむすび ≫ 博多大吉、とんねるずの自叙伝『大志』にお笑い芸人になる背中を押されたと告白「僕はその本が結構デカイですね」

博多大吉、とんねるずの自叙伝『大志』にお笑い芸人になる背中を押されたと告白「僕はその本が結構デカイですね」

2015.11.18 (Wed)
2015年11月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ博多華丸・大吉の博多大吉が、とんねるずの自叙伝『大志』にお笑い芸人になる背中を押されたと明かしていた。

博多華丸・大吉式ハカタ語会話
博多華丸・大吉式ハカタ語会話博多華丸・大吉

マイクロマガジン社 2008-03-30

Amazonで詳しく見る

楽天市場で詳しく見る


リスナーメール:私は高校時代に、永ちゃんの『成りあがり』を読んで人生が変わってしまいました。思い立って10万だけ持って夜行列車に乗り、上京。

あれから30年、今、未婚でプータロウ状態。なんだかなぁ。でも、生きてるってことはそんなに悪いことでもないのかもね。

赤江珠緒:凄いね。やっぱり歌手とかを目指そうと思ったのかな。

博多大吉:一旗揚げようってことでしょう。歌手なのか俳優さんなのか分かりませんけども。

赤江珠緒:その情熱が…

博多大吉:読みました?『成りあがり』は。

赤江珠緒:私読んでないんですけど…

博多大吉:私、読んだんですね。世代も違うし、ロックな魂なんか一欠片もないですけど、読み終わった後ね、「ちょっと東京行こうかな」って思う感じで。

赤江珠緒:鼓舞されるものがあるんですか。

博多大吉:うん。ちょっと一旗揚げたくなるんですよ。

赤江珠緒:ああ、そんなに?

博多大吉:名著ですよ。

赤江珠緒:ああ、そうですか。若い情熱が有り余ってるって方がお読みになると、バンと背中押される感じ?

博多大吉:押されると思いますね、これは。

赤江珠緒:先生は留まった?

博多大吉:私は留まりました。「あ、歌ヘタだった」とか。「リーゼントじゃないや」とか。

赤江珠緒:ああ、そうか(笑)

博多大吉:ミュージシャンじゃなかったから。でも、僕は『成りあがり』を読んで影響された、とんねるずさんが出した『大志』って本があるんですよ。僕はその本が結構、デカイですね。

赤江珠緒:へぇ。

博多大吉:「俺たちの『成りあがり』だ」って。そういう本が出たんですよ。

赤江珠緒:脈々と。

博多大吉:そう。背中を押すものは、ずっと世の中を浮遊してますんで。

【関連記事】
チュート徳井、とんねるずとの8年振りの共演について語る「ホンマに新鮮でしたね」

バナナマン設楽、とんねるず石橋貴明に追い込まれて爆笑をとったおぎやはぎ小木の凄さを賞賛「球が割れちゃう(笑)」

バナナマン日村、憧れのとんねるずとの共演でリスナーが感動「ノリさんからの『夢を勝ち取る』の一言」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : とんねるず,博多大吉,矢沢永吉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:山里亮太、『不毛な議論』がAKB48のANNに聴取率で勝利したことを報告「思いっきり単独首位をいただきました」

前の記事:山里亮太、「たまむすびメンバーで一番稼いでると思う人は?」との質問に空気を読まず赤っ恥「俺だけガチで言って…」