TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次「放送作家の厳しい現実」

加藤浩次「放送作家の厳しい現実」

2010.04.03 (Sat)
2010年04月02日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、最終回を迎えるに当たって、加藤は番組開始からの10年を振り返っていた。その中で、同番組を務める放送作家である『鈴木工務店』と『オークラ』について語られていた。

加藤は「オークラなんか、今、何本番組をやっているのって話じゃん。吠え魂が始まった当初、鈴木工務店は8本くらいレギュラーがあったじゃん。オークラなんか、レギュラーはこの番組1本だけだったからな」

「それが今や、オークラは『はねるのトびら』を背負って立つような放送作家になってるんだから。『とんねるずのみなさんのおかげでした』にも入り、『ゴッドタン』もやっているし。今や12本のレギュラー番組をやっているんだってよ。12本のレギュラーがあるっていうのに、俺に仕事の話を持ってきた試しが無いんだよ」

「鈴木工務店は、入ってきたばっかりのオークラに、1から仕事を教えたんだろ。それが今や、オークラは12本、鈴木工務店のレギュラーは5~6本ってことだからな。倍やってるんだから。これが10年の歴史ですよ」

「恐ろしいわ。でも、しょうがないんだろうな。そういう世界(実力が全ての芸能界)にいるからな。でも、10年でレギュラー12本にのし上がったのはスゴイよな」

さらに、以下のように加藤は語っていた。

「アイツ、T-BACKSってグループの千葉佳代子ってアイドルが来たときに、前世が分かるっていうんで視てもらったら、俺が『伊達政宗です』って言われて、オークラは『犬ですね』って言われてたからな。そんな人間が、今や12本のレギュラーを持っているっていうんだから」

「会議室でも良い席に座ってるんでしょうよ。工務店と一緒にやっている仕事は、『おぎやはぎのメガネびいき』だけだもんな。ラジオだけ。テレビでは会わないっていうんだから」

「それに、『おぎやはぎのメガネびいき』でも、オークラがチーフになって、鈴木工務店が隅っこでメールチェックをしたり、後片付けをしているような状況だもんな。…10年って恐いわ」と語っていた。

【関連記事】
構成作家・渡辺雅史氏が童貞を卒業

加藤浩次 「とぶくすり時代、1本の出演料5千円だった」

ナイナイ・岡村 「世界のナベアツにキレる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次「フットボールアワー後藤の性癖」

前の記事:おぎやはぎ・小木「マンションのローンを8つの銀行に断られる」

本日の注目記事