TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「アントニオ猪木が語る成功する秘訣」

加藤浩次 「アントニオ猪木が語る成功する秘訣」

2010.03.20 (Sat)
2010年03月19日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤浩次の新レギュラー番組で、アントニオ猪木をゲストに迎えたことを話していた。加藤は「その番組は、ジャニーズの若い子たち出ていて、その補佐的な役割で俺がいるんだけど、その若い子たちに、アントニオ猪木が良いこと言ってたよ」と話し始めた。

「人間って、どうしても『これをやろう!』って思い立っても、振り子と同じで、その振り子が戻ってきた時に『それで本当に良いのか?』って考えて、思い直したり、確認したがるんだって。そうなると、小さく収まってしまう」

「何かを始めても、何ヶ月後かに『本当に俺の進むべき道はこれで良いのか?』とか思うんだよな。でも、そこでさらにアクセルを踏み込まないと、突き抜けて成功することは出来ないってアントニオ猪木は言ってたよ。だから、アントニオ猪木は過去を振り返ることはしないんだって。進みっぱなしなんだって」

さらに、以下のようなことをアントニオ猪木は語っていた、と加藤は話していた。

「他にもね、自分が『これだ!』って思ったものに出会ったら、その枠を越えるまでダッシュを切らないと、到達できない高みがあるって言ってたね」

「最初の加速で、最終的に到達できる地点は決まっているって言ってたよ。でも、それは確かにそうかもね。天才って、やっぱりスタートダッシュって凄いなって思うんだよ。何でもね」

「それで、そのスタートダッシュである程度進んでいくと、もう(個人レベルでなく)周りを巻き込んでいるから、もう振り向けなくなっちゃうんだって。周りが自分を担ぎ出して、自分が上の立場になる。だから、振り向いていられず、周りの人間を引っ張っていくしかなくなるんだって言ってたよ」

「たしかに、アントニオ猪木は新日本プロレスを立ち上げて、かなりの借金も背負っているじゃん。興行のお金も、事業につぎ込まなければならないような状態になって、それでも笑って生きてたんだからね。そういう苦労も笑い飛ばしているんだから」と話していた。

【関連記事】
バナナマン・設楽 「後輩を叱る/叱らない先輩の違い」

伊集院光が語る「仕事で失敗したときの立て直し方」

加藤浩次 「アントニオ猪木の放送できない話」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次 「めちゃイケ・メンバーたちの交友関係」

前の記事:加藤浩次 「アントニオ猪木の放送できない話」