TOPロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB ≫ ドワンゴ川上量生、ニコニコ動画を立ち上げることになったきっかけを告白「エイベックスからの出資金100億が50億に」

ドワンゴ川上量生、ニコニコ動画を立ち上げることになったきっかけを告白「エイベックスからの出資金100億が50億に」

2015.10.14 (Wed)
2015年10月12日放送の放送の文化放送系の番組『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』(毎週月 21:00-21:30)にて、株式会社ドワンゴ代表取締役会長である川上量生が、ニコニコ動画を立ち上げることとなったきっかけについて語っていた。

コンテンツの秘密―ぼくがジブリで考えたこと (NHK出版新書 458)

田村淳:ニコニコ動画を立ち上げようと思ったきっかけって何だったんですか?アレだけの、ニューメディアじゃないですか。

川上量生:はい、はい。

田村淳:「これ作ったら当たるぞ」みたいな感覚は、なんかで得られたんですか?

川上量生:それまで着メロをやってて。着メロが、下火になったんですね。

田村淳:うん。

川上量生:「なんか新しいことをやらなきゃいけないな」って思って。

田村淳:うん。

川上量生:それで、「何かやろう」っていうので。

田村淳:たしかに、着メロめちゃめちゃやってましたよね。CMやってましたね。

川上量生:はい。着メロが、着うたになったんですね。それで、レコード会社が強くなったんですよ。

田村淳:うん。

川上量生:その時、ウチって、エイベックスさんに100億円くらい出資してもらって。

田村淳:うん。

川上量生:その時僕、生意気にも交換条件出して。「エイベックスの取締役に俺もしろ」って言って。

田村淳:ふふ(笑)

川上量生:エイベックスの取締役をやってた時期もあるんですね。そうすると、毎月、エイベックスの取締役会に出席するじゃないですか。そうすると、「ドワンゴの株が下がっている問題」っていうのが議題になってて(笑)

田村淳:はっはっはっ(笑)

川上量生:本当に、あんな条件出すんじゃなかったって(笑)

田村淳:ふふ(笑)

川上量生:凄いね、居づらい感じでね(笑)それって、結構、大きな問題でしょ。100億円が、1年後に50億円になった、みたいな。これはマズイなぁって思って。

田村淳:下げましたね(笑)

川上量生:僕もさすがに責任を感じて。なんかやらなきゃなってことで、作ったのがニコ動なんですよ。

田村淳:へぇ、そういう経緯だったんだ。でも、大分、追い込まれたからこそ、次に何かやらなきゃっていう原動力になってるってことですよね?

川上量生:あ、僕、追い込まれないとやらないですね、過去(笑)

田村淳:立ち上げて、どれくらいで取締役会に堂々と行けるわってなったんですか?

川上量生:ニコ動はね、割りと早く認められたんで。

田村淳:じゃあ、すぐ?立ち上げたらすぐ火が着いたって感じですか?

川上量生:そうですね。あっという間にヒットしましたよね。

【関連記事】
伊集院光が語る「ニコニコ動画で一番ゾっとする動画」

ナイナイ・岡村「ニコニコ超会議を報じるマスコミの悪意」

伊集院光が語る「インターネット放送の可能性」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 川上量生,田村淳,ニコニコ動画,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB
次の記事:ドワンゴ川上量生、小沢一郎の信頼を得てニコ動に出演させることができた理由を明かす「7年間、献金をし続けていた」

前の記事:爆笑問題・田中、ビートたけしから結婚祝いで自作の絵を贈られたと明かす「本当にヤバイ物を貰っちゃいました」