TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次「聞きたくない女性のホンネ」

加藤浩次「聞きたくない女性のホンネ」

2010.02.28 (Sun)
2010年02月26日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、番組の女性スタッフと話したことについて語られていた。「良く喋る女性スタッフがいるんだ。下ネタも受け入れてくれて、普通に話すんだよ。全然、セクハラっぽくはならない感じでね。向こうも『加藤さんはどうなんですか?』って訊いてくるんだから」

「その女性とね、今日も話してたんだけど、『オチンチンは、大っきい方が良いの?』って議論になったんだよ。『大きさって、関係あるの?別に、大きくなくて良いんでしょ?』って俺は訊いたの。よく、雑誌とかで『女性は意外にも、それほど大きさにこだわっていない。こだわっているのは、男性だけ』とかって書かれていたりするじゃん」

「でも、彼女は『いや、やっぱり大きい方が良いですよ』って言うんだよ。36~37歳の女性がさ、そう言うんだ。すごいリアリティあるだろ。俺はもう愕然としたもん。うわ、もう大きさは関係ないっていう神話は、崩れたなって思ったんだよ」

その女性が大きさにこだわる理由は、以下のように語られていた。

「彼女が言っていたのはね、『やっぱり、大きさは大切なんですよ。私、どっちとも付き合ったことがあるんですよ。大きい男性と、小さい男性。やっぱり、大きい人の方が良いなって思ったんです』って言ってたんだよ」

「それでね、『小さい人の時は、イマイチだったんです。でも、性格が良くて好きだったから、付き合いを続けていきたいと思ったんです。だから、傷つけたらいけないなって思って、演技してたんです』って言うのよ」

「『当然、小っちゃいって言えないから、感じているフリをしてたんです。でも、演技している自分がアホらしくなって、別れちゃったんです』って言ってたんだよ。そのくらい、大きさを重視しているんだよね」と加藤は話していた。

【関連記事】
加藤浩次「ものすごいワキフェチだから」

加藤浩次 「深夜、香織が急にベッドに入ってきた」

加藤浩次「とにかく、妻を抱く癖をつけろ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次「ニュースキャスターとしてのあり方」

前の記事:バカリズム「バナナマン・日村の弟子になろうとした」