TOPケンドーコバヤシのテメオコ ≫ バナナマン・日村とバッファロー吾郎・木村の共通点

バナナマン・日村とバッファロー吾郎・木村の共通点

2010.02.28 (Sun)
2010年02月25日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、一緒にトークライブをやったバナナマン・日村とバッファロー吾郎・木村の共通点について語られていた。

「俺とバナナマン・日村さん、バッファロー吾郎・木村さんの三人でトークライブをするっていう機会があったんですよ。この二人とは、それぞれプライベートで仲が良いんですよ。そういう共通項で呼んでトークライブをしたんです」

「なんで、この二人とそれぞれ仲が良いのかなって思ったら、この二人、似ているんですよね。そのライブの仲で議題となったのは、まず『飲み会の席で、ケンドーコバヤシがモテると、日村さん、木村さんは拗ねて帰ろうとする』っていうことだったんですよ」

「もっと似ているなって思ったのが、お互いの相方への思いだったんですよ。木村さんとはもう、20年以上の付き合いになるんですけど、俺がオモチャのこととか、バイクのこととかで、(相方の)竹若さんの方と盛り上がっている期間に、俺のことを一切、誘ってこないってことがあったんです」

「そのことを昨日、問い詰めたらですね、『(木村)俺がきっと、何か悪いことをしたから、ケンドーコバヤシが竹若の方に行っている』って考えていたみたいですね。それで、ほとぼりが冷めるまで待とうって思ったらしいです。どんだけ、自己中心的な考え方かって思いますけど」

さらに、そこからバナナマン日村について、以下のように語られていた。

「年末に若手が一緒に出るライブがあって、俺が打ち上げに行ったら、設楽さんの横が空いていたんです。それで、そこに座ることにしたんです。そこでずーっと喋ってたんですよね。そうしたら、なんだか視線を感じるんです。見たら、日村さんが俺のことをじーっと見ていたんです」

「俺が日村さんの方を見たら、パッと視線を外したんです。そんなことが何回かありまして、『何なんだろう?』って思ってたんですよ。結構飲みに行ったりしてたんですけど、そこから、1ヶ月、一度も誘いが無かったんですよ」

「別の日に、バナナマンの楽屋で、設楽さんと話をしていたんですよ。共通の知り合いがいて、一緒に今度、その人のやっている服屋に買い物に行こうって話をしていたら、日村さんが慌てて出て行ったんです」

「あれ、一体、なんだったんですか?って昨日訊いたら、『なんか…辛かったんだよ。俺と仲が良かったんじゃねぇのかよ』って思ったんですって。『乗り換える気か』って思ったんですって」

「基本、あの二人は"女の子"なんでしょうね。…まぁ、良かったですよ。男に生まれて。多分、女に生まれていたら、あの二人、相当なブスだったでしょうからね」と話していた。

【関連記事】
バナナマン・日村「相方・設楽に嫉妬する」

バナナマン・日村 「後輩芸人に激怒したワケ」

バナナマン・日村 「アブナイ日村の性の目覚め」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ
次の記事:バカリズム「バナナマン・日村の弟子になろうとした」

前の記事:ケンドーコバヤシ「粋なプレゼントを貰う」