TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次「夫婦ゲンカに娘を巻き込む」

加藤浩次「夫婦ゲンカに娘を巻き込む」

2010.02.14 (Sun)
2010年02月12日の「加藤浩次の吠え魂」にて、夫婦ゲンカで妻・香織と別居しようとしたことを明らかにしていた。その原因となったのが、家族で外食に行く前に、妻と子供が美容院に行き、そのカットの時間が予定よりも延びて、食事の時間に遅れたことだった。

しかも、その遅刻するということが分かっているのに、電話をして知らせなかったことや、加藤が腹立ち紛れに電話を切ったのに「電波が悪かったの?」などと、香織がトボけた電話を掛けてきたことが非常に腹立たしかったようだ。そこから、加藤浩次と香織は、4日間、無視し合うという冷戦状態に陥ったそうだ(加藤浩次「妻と別居しようとしたワケ」)。

「月曜から木曜まで、ずーっと家の中で無視状態ですよ。こっちも無視状態ですよ。そうしたら、子供を使ってくるのよ。小羽(長女)を使ってさ、『パパ…あのさ、日曜日さ、美容室遅れたじゃん。実はさ…快晴が(二番目の子供、長男)髪を切りたくないって騒いで、それで遅れたんだよ』って言ってきたんだよ。小二の子供だぜ。その子供を使ってくるワケよ」

「それで、俺は『どうして、小羽はそのことを言いに来たんだ?ママに言われて、言いにきたのか?』って訊いたの。そうしたら、『言われてないよ~ママには絶対に言われてない。私は、ママには絶対に言われてない』って、明らかにウソを吐いているんだよ。子供のウソって、すぐに分かるじゃん。俺の目をもう、見れないの」

さらに、そこから以下のようなことがあった、と話していた。

「そういう姑息な手を使ってくるからさ。余計に腹が立った。それで、『おい、オカシイだろ。明らかにお前が悪い(予定の時刻に遅れて、そのことを知らせなかった)じゃん』って言ったんだよ。4日間無視し合って、初めて、口火を切ったんだよ」

「『でもね、あんなに怒る人、私は信じられない。あんなことで、あんなに怒れる人、もう信じられない』って言い出した。また、そこで『どっちが悪いか考えろ!腹が立っているところで、"さっき、電波悪かった?"って言われたら、ムカつくだろ。謝れ!』って言った」

「そうしたら、『ごめんなさい、ごめんなさい』って、感じになってさ。あいつお得意のヘラヘラ作戦だよ。目を見てクククって笑ってさ。そうなると、こっちも笑っちゃうじゃん。しょうもないことになっちゃうよ」

「…本当に娘には申し訳ないんだけどね。両親が無視し合っている間に、娘が誕生日を迎えたんですよ。2月10日だからね。もちろん、娘の誕生日ですから、パーティーに参加しますよ。でも、全然、会話しないで飯を食ってましたよ」

「香織がさ、ビデオを回しているけど、全然、俺を映さないんだよ。『映せや!』って、喉まで出かかったけど、そこで怒ったら子供たちに嫌な思いをさせると思ったからさ」

「『ハッピバースデー、トゥーユー』って歌ってるのに、全然、俺のことを映さない。娘の8歳の思い出に、俺の思い出が一枚も入ってないんだよ。ヒデエ話だよ。ケーキを切っても、俺に切らないからな。すぐに部屋に帰って本を読んでたよ」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次 「妻とのマンネリの解消法」

加藤浩次 「嫁に浮気を疑われて夫婦ゲンカ」

加藤浩次 「嫁に『スッキリ!』と呼ばれる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次「女子に混じれるよゐこ・濱口」

前の記事:加藤浩次「妻と別居しようとしたワケ」