TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ 岡村隆史、国分太一のデスモイド摘出手術後の大変な生活について明かす「ずっと管が繋がってて…」

岡村隆史、国分太一のデスモイド摘出手術後の大変な生活について明かす「ずっと管が繋がってて…」

2015.09.18 (Fri)
2015年9月17日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、2009年にTOKIO・国分太一がデスモイドという良性腫瘍の摘出手術を行い、その後もドレーン(管)が腹部から出ている状態での生活・仕事を強いられていたことを明かしていた。

ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6
ナインティナインのオールナイトニッ本 vol.6 (ヨシモトブックス) (ワニムックシリーズ 207)

岡村隆史:これ(国分太一結婚の記事を)読んだら「腫瘍ができた時に、親身になって看病してくれた」みたいな。たしかにね、あんまり公になってなかったんですけど、結構大変な手術だったみたいで。

それで切って、水なのか要らない血液なのか、管を通して、それを抜く作業で、実はずっと管が繋がってて。そこから膿とかが溜まるように、ぶら下げてたんですよ。

着替えの時とか「そんなんエライことやなぁ」「そうなんです。これ見るたびにちょっとテンション下がるんです」「それ自体は大丈夫なん?」「いや、痛いとかそんなんはないんですけど、これしておかないと、またこの部分が膨れてくるんですよ」って。「これ、付けておかないとダメなんです」って。

それで、今の奥さんも親身になって色々やってくれたでしょうけど。僕も、「そんなん付けてたらアカン、可愛らしいポシェット買ってきてあげるから」って、可愛らしいポシェット買ってきて、それに入れ替えてあげてたんですよ。

それすることによって、明るい気持ちになるかなぁってことで、ポシェット買ってあげたりしてたんですけど。

【関連記事】
岡村隆史、国分太一の結婚をリークしてしまいそうになっていたと告白「言うたらえらいトラブルに」

岡村隆史、実は国分太一の妻と結婚前から交流があったことを明かす「ホンマに綺麗な方」

岡村隆史、帯番組2本を持つ国分太一の年収の凄まじさに言及「堂本剛君とギャラの話になってバビった」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ナインティナイン,岡村隆史,国分太一,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:岡村隆史、国分太一の結婚などご祝儀での散財に愚痴「いつ回収できるんですか、私。お祝いしてばっかり」

前の記事:岡村隆史、実は国分太一の妻と結婚前から交流があったことを明かす「ホンマに綺麗な方」