TOPアッパレやってまーす! ≫ アンガ田中、『24時間テレビ』のマラソンランナーに手で触れないでと訴える「転倒するかもしれず、お互いに危険」

アンガ田中、『24時間テレビ』のマラソンランナーに手で触れないでと訴える「転倒するかもしれず、お互いに危険」

2015.09.16 (Wed)
2015年9月14日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志が、日本テレビ系の番組『24時間テレビ』で、実際に走ったというマラソンランナーの経験から、沿道で応援する人々は、マラソンランナーに絶対に触れないで欲しい、と訴えていた。

笑ビ! アンガールズ ~ナタリー~ [DVD]

田中卓志:(『24時間テレビ』でのマラソンは)意外と、多摩川越えて都内に入ってからがキツイんですよ。沿道の応援が一回なくなるんですよ。

濱口優:うん。

田中卓志:それまでは、道が広いから沿道の人が出てきてくれてたりするんですけど。いよいよ都内に入ってきたら、いなくなって。孤独な時間が続くなぁ、みたいな。

濱口優:ああ、あの応援で気持ちが高まるんだ。

有野晋哉:応援がある方が良いねや?

田中卓志:応援がある方が。

山根良顕:「やらなきゃ」っていう。

有野晋哉:ああ、そうか。

須田亜香里:ちゃんと温かい言葉ばかりでした?

田中卓志:いや、それが…そうでもないんですよ。

有野晋哉:あ、なんかネットであったな。「触んないで!」っていうの、一回あったな(笑)「ランナーに触んないで!」って。

山根良顕:周りの警備のスタッフさんみたいなのが。やっぱり、触りに来る人がいるんですよ。俺ら、もうボロボロだから、触るとコケるくらいの感じだから。「避けて」みたいな。

有野晋哉:「応援しに来てるのに、『触んないで』ってなんだ」みたいな。

濱口優:いや、絶対触ったらアカンで。

田中卓志:難しいんですけど、どっちに対しても危険なんですよ。相手に対しても、俺に対しても危険なんで。

山根良顕:公道を使ってるってことで、「なんで走る人だけのことを考えなきゃいけないんだ」って言われるけど、一応、申請は出してるだろうし。

田中卓志:アレは厳しいというか、本当にお互いに怪我がないように、厳しくやらないといけないんですよ。

濱口優:いやぁ、そりゃそうやわ。事故起こってからそんなこと言われたってな。

田中卓志:そうなんですよ。怪我の補償してください、とか言われたりするとマズイですから。

濱口優:それは怒っても当然やな。

【関連記事】
ウーマン村本、佐藤栞里に「口説かれた」と『24時間テレビ』で暴露されかけヒヤヒヤ「電話番号渡さなくて良かった…」

山里亮太、DAIGOの24時間テレビ・マラソンランナーを引き受ける「HM」発言に「どの情報番組でもカットされてた」

博多大吉、『24時間テレビ』マラソンランナーをドヤ顔で予想するも「水卜アナに泳がされていた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : アンガールズ,田中卓志,24時間テレビ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:土田晃之、iPhone6sの高すぎる端末価格に不満「クソ高くね?ケータイってこんな高かった?」

前の記事:アンガ田中、『24時間テレビ』マラソンのゴールで起こした"放送事故"で注意書きができていた「関係のあることを言うように」