TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、武井壮の「いい年してアイドル好き」を肯定する意見に反論「開き直りは良くない」

おぎやはぎ矢作、武井壮の「いい年してアイドル好き」を肯定する意見に反論「開き直りは良くない」

2015.09.11 (Fri)
2015年9月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、アスリート・タレントの武井壮が「いい年してアイドル好き」であることを肯定する意見に反論を行っていた。

ライブミランカ おぎやはぎトークライブ
ライブミランカ おぎやはぎトークライブ

リスナーメール:「アイドル好きで何が悪い」武井壮、アイドルファン批判に反論。

タレントの武井壮さんが、自身のツイッターで、アイドルファンについてつぶやき、話題となった。武井壮さんがつぶやいたのは、


これに対し、賛同する人、否定的な人が一時、言い合いになるなど、反響を呼んでいる。

芸能界の御意見番・小木さんの意見が気になるところである。

小木博明:みんな暇なんだな。こんなことで揉めてさ。なんですか、コレ。

矢作兼:いい年してアイドル好き。

小木博明:「いい年して、アイドル好きっていうのはおかしい」っていう人がいるんだ。

矢作兼:いるでしょ。だって、そういう風に思うだろ?

小木博明:いやいや、俺はそんな思わないよ。人は人だもん、俺。若い子好きな人はいるから、別に良いっちゃ良いんだけど。

矢作兼:うん。

小木博明:反対な人って、これはどういう意見を言ってるんだろう?

矢作兼:だからほら、人それぞれって言っちゃうと、話って全て終わっちゃうじゃん。だから、俺らがあーでもねぇ、こーでもねぇって言うけど、本当に俺が心の底から思ってるの。「人なんて、それぞれだから。何したって良い」って思ってる。

小木博明:うん。

矢作兼:ただ、そうすると話が終わっちゃうんだ。だから、色々言ってんの。

小木博明:ふふ(笑)そりゃそうだ(笑)

矢作兼:それだけのことなんだもん。俺の意見は、「アイドル好きを公言して、『何が悪い』って言ってる」大人はスゲェ嫌い。

小木博明:公言して、「何が悪い」って?

矢作兼:だから、武井君が言ってることだけどね、「大人がアイドル楽しんで何が悪いんだ」っていう開き直りは良くないって思ってんの。

小木博明:へぇ。

矢作兼:俺、アイドル好きなのは仕方ないから、ちゃんと「いい年して、アイドル好きですみません…」って言って応援して欲しいの。

小木博明:ああ、謝って?

矢作兼:「恥ずかしいですけど」っていうのを思って欲しくない?それを「アイドル好き、悪くねぇよな?な?」って言ってる感じが、腹立ってくる。

小木博明:そう?なんか、そういうの言える時代になってきたけどね。昔だったら、「すみません…」っていうかもしれないけど。ちょっと前なら。

矢作兼:そうでしょ。

小木博明:「いい年して、アイドル好きですみませんね。でも好きです」ってなるんだけど。でも、今は言える時代になってきてるっていうか。有名人がアイドル好きを公言してきてるしさ。周りが「平気なんだろうな」ってなってきてるから、こういう風になっちゃうんじゃない?武井君みたいにさ。

矢作兼:だから、小木が昔言ってたじゃん。「ブスが発言権を持った」って。昔よりも。

小木博明:そうなんだよ。ブスが出てくるからだよね。

矢作兼:スゲェ発言権を持ってるだろ?それで色々、かき回して来てんのよ。

小木博明:うん。

矢作兼:だから、本当はアイドルって若い時に好きになるもんなんだよ。

小木博明:そうだね。大体、同世代とかちょっと上とか下だよね。

矢作兼:そう。たしかに、昔のアイドルと今のアイドルは違うかもしれないの。昔は、若い子しか楽しめないようなアイドルの曲だったりとか。今のアイドルの曲って、大人でも楽しめる曲とか。色々あるのかもしれないけどさ。

小木博明:うん。

矢作兼:これを言い出しちゃうと、そういう言い訳がくるから。マンガだってそうだよ。大人が電車の中でマンガを読むのは恥ずかしいことだったんだから。

小木博明:日本人独特だよね。

矢作兼:「そうは言うけど、マンガ、読んでみ?大人が読んでも、面白いんですよ」って。たしかにそうじゃん。マンガ面白いから。でも、電車の中で読むのは恥ずかしいってあったじゃん。

小木博明:あった。俺らの時代はそうだった。

矢作兼:でしょ?それを恥ずかしいって思わないって人たちが、みんなで手を取り合ってさ、「マンガを電車の中で読むのは何が悪い」って言い始めたら、腹立つじゃん。

小木博明:ふふ(笑)

矢作兼:やっぱり、申し訳ないと思って。「恥ずかしいことしてます」っていうね。

小木博明:そうよ(笑)

矢作兼:好きは良いのよ。だって、面白いんだから。アイドルの歌も良いし、マンガも、俺はいい年して読むんだから。

小木博明:うん。

放送作家・鈴木工務店:アイドルもそうですね。ジャンルとして確立してきたのかもしれないですね。

小木博明:確立してきたんでしょ。アイドルが大人向けになってきてるからね。

矢作兼:そこ、対象にしだしたでしょ。あまりにも多いから。

小木博明:しょうがないっちゃしょうがないけど。

【関連記事】
おぎやはぎ矢作、アイドルの恋愛禁止反対する人々に反論「恋愛禁止であるべきという人たちのお金で稼いでる」

伊集院光、地下アイドルが『○○好き』と公言することへ疑問「マネージャーの指示で無理に好きな物を作ってる」

伊集院光、自称・鉄道アイドルや戦国アイドルはすぐ見破られると指摘「勉強で覚えた知識はトンチンカンになる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:岡村隆史、佐藤健の「童貞に見えるよう演技するのに苦労」との発言に指摘「色んな女抱いてきたって言うようなもん」

前の記事:岡村隆史、「出川哲朗58歳で死亡」説を確信したと明かす「死ぬんやったら『イッテQ』で」