TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、本田望結の芸能界・フィギュアスケート・学業という過酷な日々を心配「大丈夫かな。11歳の精神力で」

明石家さんま、本田望結の芸能界・フィギュアスケート・学業という過酷な日々を心配「大丈夫かな。11歳の精神力で」

2015.09.06 (Sun)
2015年9月5日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、子役・フィギュアスケート選手である本田望結の過酷な毎日について語っていた。

本田望結 ふぉとぶっく 『 みゆ 』

明石家さんま:この間、本田望結ちゃんがゲストに来てくれてね。『さんまのまんま』で。

尾形春水:ああ。

明石家さんま:妹さんもいてて、8歳。ほんで、本田望結ちゃんが11歳。聞いたら、あそこのお姉さんとお兄ちゃん。長女だけ(フィギュアスケートを)やってないねんってね。

尾形春水:そうなんです。

明石家さんま:お兄ちゃん、次女がオリンピック強化選手で。

鞘師里保:へぇ、凄い!

明石家さんま:2人とも選ばれてんねん。なぁ?

尾形春水:はい。私も小さい頃から一緒に練習してきたので。

明石家さんま:お前は、オリンピック強化選手とかには入らなかったの?

尾形春水:全然、全然(笑)

明石家さんま:やっぱり凄いの?

尾形春水:凄いです。

明石家さんま:あの2人?

尾形春水:はい。

明石家さんま:ほんで、一緒のところで練習しててんって?

尾形春水:そうなんです(笑)

村上ショージ:やっぱり、持って生まれたものってあるんですかね。

明石家さんま:この間も、本田望結ちゃんと妹さん来てましたけど。朝5時から7時まで練習して、そっから学校に行って、学校終わったら、撮影以外は夜の8~9時までフィギュアスケートの練習をして。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:それで、家に帰って腹筋させられよんねんな(笑)

鞘師里保:厳しい。

飯窪春菜:へぇ、大変!

明石家さんま:凄い、凄い。でも、楽しいねんって。やってることが。兄妹全部やってるし。

飯窪春菜:そうなんですね。

明石家さんま:だから、11歳にしては凄いスピードの腹筋やってた(笑)

飯窪春菜:へぇ。

尾形春水:前は、フィギュアスケートだけじゃなくて、ホッケーとかも習ってて。本田兄妹が(笑)

明石家さんま:ああ、そういう家なのか。それ、お父さんもやってたのか?

尾形春水:お父さんもフィギュアスケートをやってて、一緒に級を受けたことがあります(笑)

明石家さんま:君と、本田さんのところのお父さんと、同じ試験を受けたことあるの?

尾形春水:一緒に試験を受けたことあります(笑)

明石家さんま:お父さんはやり始めたのか。

尾形春水:趣味くらいですね。

明石家さんま:ほんで一緒に試験を受けたの?

尾形春水:受けました(笑)

明石家さんま:君、何級なの?

尾形春水:私は6級までとって…

明石家さんま:6級ってどれくらいなの?

尾形春水:浅田真央選手が7級で。

明石家さんま:ああ、級が上に上がって行くのか。下がっていくんやなしに。

尾形春水:8級まであるんですけど。

明石家さんま:それで6級?凄いやんか。お父さんは6級とってはるの?

尾形春水:私は、1級を一緒に受けたくらいで(笑)

明石家さんま:そっから6級まで上がったん?

尾形春水:はい、昔からやってて(笑)

明石家さんま:ほんなら、本田兄妹とか、オリンピック強化選手は7級とかなん?

尾形春水:7級、8級持ってはります。

明石家さんま:真央ちゃんはまだ7級?

尾形春水:8級はとらなくても良いんです。プロになる時にとるくらいで。

明石家さんま:7級が、アマチュアの頂点なの?

尾形春水:はい。7級の選手が多いです。

明石家さんま:ああ、そうなんや。スケーターの代表とか、みんな7級なの?

尾形春水:はい、7級が多いです。

明石家さんま:それでお前、6級なん?凄いなぁ。…望結ちゃんも、「フィギュアの方も頑張る」って言うてましたけども。

尾形春水:はい。

明石家さんま:芸能界をやりながら、今度は映画の主役やねんね。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:その宣伝で来とってんけど。それで映画の主役をやりながら、学校に行って、それでフィギュアも練習してって…大丈夫かな。11歳の精神力で、クリアできんのかなって。凄い心配してたけど。トークもしっかりしてたし。

村上ショージ:どれ選ぶんですかね?最終的には。

明石家さんま:まだ11歳やから、色んなことあるけども。凄い家は凄いな。現に、それが「楽しい」って言ってんねんから、どうしようもないよね。

飯窪春菜:楽しいのが一番ですもんね。

【関連記事】
フィギュアスケーター・本田武史「フィギュアスケートの採点が分かれるワケ」

織田信成、浅田真央への厳しすぎる採点を批判「回転不足って、どこ見とんねん!」

伊集院光が語る、フィギュア・鈴木明子の演技を観て思い出した「オペラ歌手と偽っていた若手時代」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,本田望結,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、「LINE世代」が文章を考えずにスタンプで会話することに関する危険性を指摘「どんどんトークが下手に」

前の記事:明石家さんま、土田晃之が芸人になった理由を明かす「さんまさんが貰ってたプラティニのスパイクを貰うため」