TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン・設楽 「オードリー春日と自分の骨折を語る」

バナナマン・設楽 「オードリー春日と自分の骨折を語る」

2010.01.26 (Tue)
2010年01月25日放送の「バナナマンのバナナムーン」にて、19日のロケ収録中の事故で、左足関節骨折した春日について語られていた。

日村は「オードリーは大変だね~忙しいから」と話していた。設楽は「着地失敗だって。着地失敗で骨折しちゃった。…なんか、スタントかなんかのロケをやっていて、骨折してしまった。日村さんとかもヤバイんじゃない?というか、俺の方が骨折しているけど」と話していた。

設楽は「俺、番組で2回くらい骨折しているのよ。明らかにしている骨折は2回だけど、周りに言ってない骨折も1回ある。まず、1回はボーリングの玉と玉に指を挟んで、左人差し指の先端を粉砕骨折してしまったんですよ」

このようなことがあったそうだ。さらに、以下のように自身の骨折体験について語っていた。

「もう1個は、これも番組で大きなセットでゲームをやる、みたいな収録だった。それで、左の中指の先っちょを剥離骨折してしまった。これを、二年連続の年末にやってしまった」

「それで『逃走中』っていう番組でも、中指の先を骨折しているからね。でも、いつやってしまったのか分からない。あの番組で骨折するって意味が分からない。米俵とかを持ったりしたから、その時かなぁ。未だに、指先の感覚がおかしい」

「夢中になって走っていたりとかしたから、どこかにブツけたりしたのか…たぶん、指先の骨密度が低いんですよ。だから、骨折しやすい」と話していた。

【関連記事】
ナイナイ・岡村 「骨折後、若林1人になったオードリーを語る」

NON STYLE石田が、1日3回までしか漫才できない理由


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,骨折,オードリー,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:おぎやはぎ・矢作「芸人としての悲しい習性」

前の記事:伊集院光 「アバターの観客のヒエラルキー」